シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

部下育成

OJT研修のご案内

シナプス後藤です。

シナプスで新しくOJTに関する研修を作りました。前々からパーツでは存在していたり、マーケティング領域では結果的にOJTのサポートツールとしての研修や考え方をお伝えしたりしていましたが、一つの「研修」という形にしました、と言う事です。

OJT:On the Job Trainingとは何でしょうか?

多くの方が、OffJT、つまり研修などの業務外での人材育成に対する言葉としての「On th Job」という程度に認識しているのが実情ではないでしょうか。言いかえれば、現場に送りこんでおけば、後は自然と育っていくだろう、と言う事を前提にしているのではないかと思います。


残念ながら、ここ数年の多くの人事担当者、人材育成担当者、あるいは、経営者の課題意識は、「最近、現場で人が育たなくなっている」と言う事です。現場に送りっ込んでおけば自然と育っていく、と言う事が成り立たなくなってしまって久しいと言うのが今の多くの現場の実態なのではないでしょうか?

現場での人材育成と言うと教える側、トレーナー側からはこんな声が聞こえてきます。
「何に困っているか、つまづいているかがわからない」
「叱り方、ほめ方など、どんなコミュニケーションを取ればよいのだろう?」
「いつまでに、どこまで成長させたらいいか不明」
「どこまで教えるのか、そもそお自分のやり方が正しいのか不安」
「教え方がわからない。動機付けのやり方がわからない」
等など。

特に、OJTトレーナーに指名されるような若手は、正しく教わった経験も教えた経験も少なく、どうやって人材育成をすれば良いのか分からないのが現状です。昔はそれでも、課長や周囲の先輩がサポートしていたのですが、今は周囲の先輩どころか本来サポートすべき課長までも、現場の仕事に引きずられて時間が取れないのが実情です。
結果的に、「OJTトレーナー」という役割を作っただけで、その役割に全て託している、と言うのが実情ではないでしょうか?


シナプスのOJT研修は、OJTを行う上司や先輩が教えると言うだけでなく、仕事を通じて人材育成を行っていく、とい考え方を取っています
・何を教えるべきか?
・どう教えるべきか?
・どう気付かせるべきか?
・どう支援すべきか?
というような人材育成の全体像について理解して頂きます。

様々な演習を行いながら、考え方とテクニックを理解して頂きます。
ご興味のある方は是非ご検討下さい。

【OJT研修カリキュラム】
OJT_カリキュラム

企業研修お問い合わせはこちらから

OJTのポイント

シナプス後藤です。

様々な方が様々な切り口からOJTのポイントについては語っていると思いますが、私なりにOJTのポイントについて考えてみます。

人材育成は大きく育成する側の意識の面とテクニックの面があります。多くの場合、育成する意識が弱いので、OJTのポイントというと、「育成する意識を持ちましょう」という事が多いように感じます。
勿論それは重要で、私も一番最後には「結局、部下の事を真剣に考えられるかどうか」になると思うのですが、最初からそれを言っては身も蓋も有りません。(笑)

そういう意識面は自分でやって結局気付くことだと思いますので、ここでは主にテクニックや育成の方法論について考えたいと思います。


まず、これもかなり多くの方が言う事ですが、山本五十六が言う、
「やって見せ、言って聞かせてさせてみて、褒めてやらねば人は動かじ」
というのが最も重要なステップではないかと思います。

○やって見せる
 つまり、具体的にどういう作業かをイメージさせる、と言う事です。営業であれば、同行させてどういう作業を踏むのかを具体的にイメージさせる。

○言って聞かせる
 これは、どういうことをやるべきなのか、ポイントは何か、という点を説明します。

○させてみせる
 実際に自分でやらせる。やらせてみて出来ている点、上手く出来ていない点を自分自身に理解させる

○褒めてやる
 その作業について、褒めてやることで動機付けを行うのと同時に、「何が正しいのか?」を褒めてやることで具体的に理解させる


OJTを行う人はきっと、そんなことは分かっています。最も重要なステップはかなりの方が理解しているのではないかと思うのです。
私がポイントだと思うのは、
・何を指導するのか?
という具体的な点です。

やって見せる、とは何をやって見せるべきなのか?
言って聞かせる、のは何を言って聞かせるのか?どのポイントにフォーカスすべきなのか?
させてみせる、とは何をさせ、具体的に何に気付かせるのか?
褒めてやる、とは何を褒めるのか?どう褒めるのか?


OJTは、トレーナーが業務を正しく理解し、説明していることを前提にしています。しかし、現在、マニュアル化されたような仕事は減ってきており、個々人が自由度の高い仕事、クリエイティブな仕事に取り組んでいます。それを教える、と言っても「同じような違う仕事」がいっぱいあり、標準的な説明が難しくなってきていると思うのです。

だから、標準的に「これを教える」と言う事が難しくなっており、どれだけ重要な点を凝縮して教えられるか、と言う事になってきます。色々な仕事があるとしても、「結局、この仕事の勘所は***である」と言う事です。
つまり、「自分の仕事の重要な点」を理解しているかどうか、がOJTにおいての重要なポイントになるのではないでしょうか。

守破離、という言葉がありますが、基本を覚えるフェーズに置いては、如何に「守」を理解するかが重要です。
言いかえれば、「何を守るべきなのか?」がOJTで一番教えるポイントのように思います。

OJT研修のご紹介

【動画まとめ】正しいOJTのススメ@家弓正彦の仕事塾

こんにちわ。細井です。
前からなんとかしたいと思っていたのですが、
仕事塾を撮影してyooutubeにアップしてあった動画を
コンテンツごとにまとめてみました。
これでずいぶん見やすくなるのではないかと思います。

今回はまず「正しいOJTのススメ」をまとめましたのでご覧ください。

\気靴OJTのために@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 1/9


OJTに関わる各種セオリー@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 2/9


Assign@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 3/9


Show Tell @家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 4/9


Plan @家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 5/9


Do@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 6/9


Check・Action@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 7/9


ScaffoldingFading@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 8/9


能力開発の全体像@家弓正彦の仕事塾「正しいOJTのススメ」 9/9

明日6/16開催家弓正彦の仕事塾「モチベーション理論と実践」

部下や後輩の育成は皆さん悩まれていることと思います。

家弓正彦の仕事塾、6/1の「正しいOJTのススメ」では
スキルアップにフォーカスをして開催いたしました。

6/16明日の「モチベーション理論と実践」では
モチベーションにフォーカスしてお届けします。

今回の仕事塾では、
1.モチベーションとは
2.モチベーション研究の系譜と各理論解説
3.モチベーション3.0という最新理論解説
4.現代世代の欲求と対策
5.モチベーション理論の実践の考え方
という流れでご紹介して参ります。

3月震災の前後に開催した際にアンケートなどを見ると
・納得感がありました。
・モチベーション3.0は読んでいたが、体系づけた理論で理解できた。
・網羅性と見解、そして提案が入っていた点(がよかった)
・体系的にモチベーションを学ぶことができました
・あいまいだったモチベーション理論が整理できた
皆さんいろいろと知識はあったものが整理していただけたようです。

勉強されている方はモヤモヤしたものを整理する、
あまり学ばれたことがない方は新たな知識のインプットとしてご利用いただければと思います。

--モチベーション理論と実践----
日程 : 6 月16日(木)
時間 : 19 時〜21 時00 分
料金 : 2,000 円(税込み)
会場 :銀座フェニックスプラザ
(東京都中央区銀座3-9-11)
お申込みはコチラから
http://www.cyber-synapse.com/mkay/110616
------------------------------

若干まだ席がございますので、ご興味のある方はお申込みいただければと思います。
livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud