シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

戦略

ルールは作るもの・・・上村愛子選手4位に見る勝負の厳しさ

シナプス後藤です。

ソチオリンピックが熱くなってきましたね。冬季オリンピックは毎回フィギュアスケートが楽しみです。

さて、女子モーグルの上村愛子選手の順位について、多くの人が疑問視をしているようです。途中で足を取られたハナ・カーニー選手よりもスピードも速く滑りも綺麗な上村愛子選手の方が順位が上だろう、という意見が多く出ており、リアルタイムでは見られなかったのですが、ニュースなどを見ると確かに上村選手の滑りは美しかったです。


幾つか、参考記事を。

ガジェット通信:【五輪】モーグル上村愛子が4位でメダルならず 採点が明らかにおかしいと世界中から批難殺到http://getnews.jp/archives/511829

日刊スポーツ:上村がカーニーに負けた理由http://www.nikkansports.com/sochi2014/column/ogishima/news/f-sochi-tp0-20140209-1255400.html


上記の二つの記事(だけ)から、陰謀説や八百長説等を除いて、「正しく審査しようとした」と仮定して考えると、直接的な理由は大きく二つでしょう。

1) 現在のルールに合わせて点数の高い滑りが出来なかった
2) 準決勝で6位だったため、カーニーと直接比較されなかった

日刊スポーツの記事を見ると、ジャンプでは負けているようですし、ターンでも点数で負けています。今のルールでは上村選手の綺麗な滑りが評価されません、という事です。
一方で、もし準決勝で1位や2位につけていれば、直接カーニーと比較して貰えたのでしょうが、ガジェット通信の記事からすると、基準が変わった、という事もあり得ると思うので、やはり後半にすべる方が有利だったと言う事ですね。


ソチオリンピックでメダルを取る、というのは結局そのルールの中で如何に高い点を取るか、という勝負です。審判による採点方式が取られていますので、恣意性も含めたグレーゾーンがたくさんあるのだと思いますが、そのグレーゾーンの中で高い点を取って行く必要があるわけです。
言い換えれば、不利なルールが導入されていた時点で、勝つ可能性が低かった、という事に他なりません。
だから、自分でルールを変えていく努力も必要になってくるのではないでしょうか?
ビジネスにおいても同様で、法律を作る、規制を作る、或いはデファクトスタンダードを作ると言う事かもしれませんが、与えられたルールの中でクリーンにやるよりも、「クリーンの定義を変える」という方が勝つ可能性が高いのです。



オリンピックでは過去も様々な誤審があり、多くの問題が出ていますので、より公正にしていくべきとは思います。
少なくとも、納得感のあるルールの方が、見ている方も応援のし甲斐があると言うものです。

ですが、それとは別に、勝負の結果だけに拘るなら、戦略レベル、より上位のレベルで勝利を収める事が必要です。そのためには、自らルールを作りに行く、という気構えが必要なのでしょうね。
少なくとも、今のモーグルのルールはおかしい、と抗議する姿勢は最低限必要ではないでしょうか。

戦力の逐次投入はしない

シナプス後藤です。

黒田さんが日銀総裁になったと思ったら、一気に施策をたたみかけ実行していることで、市場の反応含めて経済界では大きな話題になり、いまだに好調に推移しているようです。

彼の施策が大胆なのはその言葉「戦力の逐次投入はしない」に表れていますね。


戦力の逐次投入は、戦略論では愚策の一つに数えられています。戦争関連の物語だと、大体駄目な将軍はこれをやって「あいつアホだよね」と言われます。

では、なぜ駄目なのか?

戦闘における勝敗は基本的に戦力によって決まります。
・でかい奴と小さい奴が殴り合えば、大体でかい方が勝つ。
・2人対1人で喧嘩すると大体2人が勝つ。
・戦車に乗った奴と拳銃一丁の奴では大体戦車が勝つ。
勿論、個別には一見弱い方が勝つケースもありますが、平均値をとると戦力は大きい方が良い。
戦力の逐次投入の愚は、でかい奴一人に対して、
・とりあえず一人送り込んで様子見 → 負け
・駄目ならもう一人送り込んで相手の弱点を調べ → 負け
・もう一人送り込んで戦う → 負け
 :
というように常に個別の戦闘では負ける状態で戦力を投入していることです。
こんなことをやるくらいなら、でかい奴一人に対して、ちいさくても100人で同時に戦った方が良い。


では、なぜ駄目だと分かっているのにやってしまうのか?

戦略論におけるもう一つの駄目なパターンとして「臨機応変になれない」「予備戦力を持たないこと」があります。
戦場は常に変化し続けるので、単調な打ち手をやっていては負けます。たとえば、敵が城壁高く強固に籠城している時に兵団を送り込んでも討ち死にが増えるばかりです。そういう時は、それこそ「小戦力で様子見」等は重要な打ち手です。
臨機応変に戦況の変化に対応するためには大本営が自由にコントロールできる戦力を持っておくというのは必要なことなのです。
また、予備戦力も近しいのですが、「あとひと押しで戦況がひっくり返る」「予想外のところに新手の敵が現れて対応が必要」「大本営が強襲された」と言う時に予備戦力を持っていないとそれだけでノックアウトされてしまう場合があります。サッカーで言えば、ゴールキーパーまで敵陣に乗り込んでしまうようなもので、相当のリスクはあります。

と言うようないわゆるリスク側を考慮すると、全ての戦力を一気に投入する、と言う事が出来なくなります。

なぜそうなるのか?

それは、戦況を読み切れていない、やっていることに自信が無い、と言う事ではないでしょうか。

今回に関して言えば、もし「やれることを全部やって市場が何も反応しない、或いは逆反応に触れてしまった」場合、やることをやってしまったのでもう打つ手がありません。大本営丸裸で敵本拠地に攻め込んでいるのですから、それで落とせなければもう死ぬしかない。
それが怖いからどうしても逐次投入になってしまいます。


恐らく、「やれることをやっても変わらなければ、戦力をとっておいてもどうせ変わらないから結果は一緒」という腹のくくりがあるのでしょうね。
それと、「これで行ける」という自信があるのだと思います。

勿論、戦力を一気に投入するのはリスクがあります。失敗したら全滅の可能性もある。でも、そのリスクを取ってどこかで勝負をかけないと負けないけど勝てない、ひいては戦争においては国力疲弊、経済においては不景気のまま、というのは変わらないでしょう。


経済の専門家ではありませんので、その施策そのものが正しいかどうかは判断がつきませんが、少なくとも打ち手の実行と言う意味だと極めて正しいアプローチのように思います。

今この人に聞く:『これが本物の戦略PR!その1人が30万人を動かす!』

今月は、インフルエンサー・マーケティングを専門とする戦略PR会社
ブルーカレント・ジャパン株式会社 代表取締役社長 『本田哲也』氏
を迎え、お話を聞いていきたいと思います。

▼テーマ:『これが本物の戦略PR!その1人が30万人を動かす!』

http://www.bluecurrentprjapan.com/

【今月のゲスト】…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─

●本田 哲也(ほんだ てつや)氏

1970年生まれ。セガの海外事業部を経て1999年、世界最大規模のPR会社
フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。
2004年より同社バイスプレジデント。
2006年8月「ブルーカレント・ジャパン」の設立に伴い、同社代表に就任。
国内外の大手製薬企業、生活用品メーカー、エンターテイメント企業など
を対象に、インフルエンサー・マーケティング・プログラムの策定・実施、
コンサルティング実績多数。
月刊PRIR(宣伝会議)主催「PRコンサルタントオブザイヤー2005」
優秀賞を受賞。

【出版書籍】
「その1人が30万人を動かす!影響力を味方につけるインフルエンサー・
 マーケティング」(東洋経済新報社)
「戦略PR 空気をつくる。世論で売る。」(アスキー・メディアワークス)
「オバマ現象のカラクリ 共感の戦略コミュニケーション」
(アスキー・メディアワークス) 他・・・韓国版など多数

◆インタビュー◆──────────────────────────

【名和田】
 ご無沙汰してます。益々のご活躍ぶりですね。
 さっそくですが「ブルーカレント」という会社の成り立ちと業務内容に
 ついてお聞かせ下さい。

【本田】
 どうもご無沙汰してます。おかげさまで、あちこち飛び回ってます(笑)
 まず、ブルーカレント・ジャパンですが、この会社は、インフルエンサー・
 マーケティングを専門とする戦略PR会社として2006年8月に設立され
 ました。

 マスメディアPRからCGM(日本最大のブロガークチコミネットワーク)まで、
 一括して第三者を巻き込み、消費者を動かすことができる会社です。

 また米オムニコムグループの一員として、世界的なグループネットワーク 
 が 有するリソースを提供することが可能です。

【名和田】
 なるほど。何となく米国の最先端的なイメージがある会社ですよね。
 知らない人の為に、インフルエンサーマーケティングについても教えて
 ください。
 
【本田】
 わかりました。
 例えば同じ商品カテゴリーなのに、なぜ「売れるもの」と「売れないもの」
 が生まれると思いますか?

 「商品力」の差? それとも「宣伝力」の差? 

 もちろん、それもあるでしょう。
 しかし、です。ネットの進化により情報洪水が起こり、消費者が疑い深く
 なり、広告がスルーされてしまうようになった現代。成功と失敗の格差は、
 商品力や宣伝力だけでは説明できませんよね。
 では、いったい何がこの時代の成否を分けると思います?

【名和田】
 ・・・・・・・何でしょうね?

【本田】
 いいですか。その答えは、その商品が売れるための『空気』ができているか
 どうかということなのです。

 商品を売るためにつくり出したい空気。
 そんな空気をつくって、売り上げにつなげる手法。

 それが「戦略PR」という考え方であり、インフルエンサー・マーケティング
 のノウハウなのです。

【名和田】
 ほう。『空気』・・ですか。
 そういわれてみれば、今の世の中確かに「空気」というのは有るかも知れま
 せんね。

【本田】
 爆発的な情報量に囲まれた消費者は、次第に、企業の一方的な情報発信より
 も、信頼できる第三者からの情報やクチコミを頼りに購買行動を起こすよう
 になってきました。
 また、消費者と企業の距離がこれまでになく近づいてきたこの時代では、
 「消費者とどう向き合うか?」「何をメディアとして捉えるか?」に新しい
 発想を持つことが成功へのカギです。

 その新しい発想が「インフルエンサー」――つまり、消費行動に影響を与え
 る専門性 やカリスマ性を持った人たち――であり、私達ブルーカレント・
 ジャパンは、そのインフルエンサーをマーケティングに活用する戦略PRの
 専門集団というわけです。

【名和田】
 非常にわかりやすいご説明有難うござます。
 では、その具体的な事例についてもお聞かせ下さい。

【本田】
 事例は色々有りますが、最新の成功事例としては「USJ」のケースが 
 有ります。
 
 テーマパーク側の依頼は、夏休みに来るお客さんを増やしてほしいという
 ものでした。「数あるレジャーの中からテーマパークを選ぶ。その決定的
 な理由となるものをPRしていきたい」

 ・・・そんな依頼だったのですが、私達が考えたのは「絆(きずな)」
 というキーワードでした。テーマパークのお客さんには、アトラクション
 を楽しむだけでなく、お互いの関係を深めたいという思いがあると考えた
 からです。

 「テーマパークにいくと絆が深まる」
 
 というデータを発信できれば大きな話題になると考えました。
 まず行ったのは、「絆」についての意識調査。
 およそ3000人を対象に行った結果、「家族で絆が築けている」と自信を
 持って答えた人は3割未満。そして、今よりも絆を深めたいと考えている
 人がなんと8割以上もいることがわかりました。
 
 そこで、テーマパークで絆が深まるということをどうやって実証できるか
 と考えて着目したのが、脳科学の分野でした・・・。

 ※詳しくは、是非こちらのサイト↓をご覧ください。
 http://www.nhk.or.jp/10min/joho/ja/frame.html?0&09&59

 このケースは、今月アジア太平洋全域の「アジアPRアワード」を受賞し
 ました。

【名和田】
 このキーワード探しがある意味肝なんでしょうね。
 それとこれは、仕掛ける側の立場での話しですが、やはりインフルエンサー
 マーケティングの最大の魅力は「わかりやすさ」に有りますよね。
 正直、この情報が溢れる社会においてのプロモーションは、絶対にわかり
 やすさは重要ですからね。

 しかし、アジア太平洋全域の「アジアPRアワード」ですか?
 それは凄いですね。おめでとうございます!

【本田】
 有難うございます。
 確かにわかりやすさは有りますね。

【名和田】
 そのインフルエンサー・マーケティングを導入するに当たり、
 向き・不向きの企業、あるいは条件などは有りますか?
 
 例えば、短期に成果を求めるのは不向き?
 
【本田】
 広告キャンペーンのように、あまりに短期的に売上向上を期待すると
 失敗します。
 やはり、半年から1年をかけてじわりじわりと効果が出るものです。
 むしろ、そうやって土壌をつくった上で、広告やプロモーションで刈り
 取っていくことで効果を発揮します。

【名和田】
 予算はどうでしょう?
 やはり、低予算では難しい?

【本田】
 広告枠を買うのではなく、第三者を「巻き込む」手法ですから、例えばテレビ
 CMのように何億もかかるものではありません。
 通常のマーケティング予算の基準から言えば、費用対効果は高いといえます。
 なので低予算でも大きな成功をあげれる可能性は大いにあります。
 
 とはいえ、インフルエンサーを巻き込む為に、様々な仕掛けは必要になりま
 す。その為の予算は必要ですから、余りに低予算では難しい場合もあります。

【名和田】
 私なんかの立場からすると、中小零細企業でも実施は可能か?ということに
 非常に関心が有りますが・・・その辺りはいかがでしょう?

【本田】
 「大きな予算ありき」ではありません。また、会社や商品の知名度が重要か
 と言うとそうでもありません。
 知られていなくとも、話題性が工夫できたり、また社会にとって意味のある
 ような商品やサービスであれば、たとえ中小企業でも充分に実施が可能です。

 企業の大小の問題とはいえないでしょうね。
 むしろ、全く差別化もできず、深い開発思想もなく生まれてしまったような
 商品やサービスの場合は、大企業でも中小企業でも難しいと思います。

【名和田】
 そうですか。
 是非、低予算、中小零細企業向けというプログラムの開発に期待します。

 話題を変えますが、今は「戦略PRブーム」といった風潮もあります。
 これについてお聞かせ下さい。
 
【本田】
「戦略PRブーム」については、私自身も自著などでそれを広めた
 張本人であり、PRに従事する人間としてうれしくも思います。
 しかし、正しい認識が欠如したり、「戦略PR万能論」のような過剰な
 期待が高まったりすることは、非常にリスキーだと感じています。
 
 そもそもPRは、広告のように広告枠を買わないで、第三者に情報を
 発信してもらうことで信頼性を担保する代わりに、コントロールできない
 という弱点があります。ウラを返せば、広告は企業発の情報発信なので
 「言いたいことを言いたい時に言える」という強みがあります。  
 
 このような特徴を忘れないでください。
 「PRはコントロールできないもの」という前提で、何らかの理由で
 思った通りにならなかった場合も想定しておかなくてはなりません。

【名和田】
 確かにそのような捉え方をされてしまっている部分も有りますね。
 
【本田】
 残念ですが、PR会社自体が誤解を招く売り込み方をしてしまっている
 ケースも実情としてありますからね。
 本来の戦略PRの役割は「空気をつくって消費者に気づきを与える」
 ということが主であり、それだけで消費者が購買行動を起こすものでは
 ありません。
 
 「空気」という名の情報環境をPRで創出した後で、広告や店頭の施策が
 連動し、それを購買行動に結び付けることで「刈り取り」が行われるわけ
 です。

 こうした認識を忘れ、「とにかく戦略PRで突破しよう」などとなって
 しまうと、マーケティングとして失敗するばかりか、せっかく根付こう
 としているPRが「一過性のブーム」で終わってしまいます。

 ブームに踊らされず、マーケッターは本来の目的―「消費者を動かす」
 ことにフォーカスしなければなりません。
 さらに、全体シナリオの中で戦略PRが有効かどうかの判断と、
 その特性を理解したうえでの導入・展開が求められるのです。

【名和田】
 おっしゃるとおりです。
 最後に貴社のビジョン、目指す立ち位置など
 今後の展望についてお聞かせ下さい。
 

【本田】
 実は2010年以降のビジョンが2つあります。

1.今年から始まった「戦略PR」のブームを一過性のものとせず、
  日本のマーケティングに定着するよう、もっと実績をつくる!

2.いよいよ日本のメーカーも本当の意味でグローバルにマーケティングを
  展開するケースが増えていきます。
  日本国内での実績のみならず、弊社の本当の強みは、戦略にもとづいた
  実施をグローバルで展開できることにあります。
  日本発のグローバルPRのサポートをすることで、
  日本企業の力になりたいと思います!

【名和田】
 世界へ向けたPR会社として今後も頑張ってください。

■……………………………………………………………………………■
<インタビューを終えて>

確かに今は広告が効かなくなったと言われ、戦略PRがブームと
なっている節がある。
しかし、真の戦略PRを理解せず、小手先だけの手法に走れば、
手痛いしっぺ返しに合うことも事実だろう。
本田さんの話は、業界第一人者としての重みを感じた。
                       (by nawata)
◆ 名和田 竜(なわたりょう)────────────────

企業のマーケティング戦略から、販売戦略・促進を専門とするマー
ケティング・コンサルティングプランナー。
ランチェスター戦略をベースに、個人及び小さな会社が大きな会社
に勝つための戦略指導に力を注ぐ。

・シナプス・マーケティングカレッジ講師
・NPOランチェスター協会認定コンサルタント
☆著書『誇りを持って稼げる/最強の私を手に入れる!』(ビジネス社)
(http://www.relation-stage.com/)

「小が大に勝つ法則!ランチェスター戦略」5

こんにちは。
シナプスマーケティング・カレッジの名和田です。

いつも間にか、このシリーズもいいところまで来ましたね。
今回は、一点集中主義について解説していきましょう。

これは、結論から言ってしまえば「選択と集中」と同じ意味です。
とにかく、ここで勝つんだ!という自らのフィールドを設定し、
そこに集中特化していくということです。

多くの企業は、売上げ利益を上げる為に、戦線を拡大し、
営業テリトリーを広げ、商品ラインナップも増やしていくといった
戦略を取りがちですが、これは大きな間違いの1つです。

確かに戦線の拡大は、多少の売上げの拡大には繋がる
可能性は有りますが、これを弱者のまま実行すると、
常に負け組みのまま。経費ばかり出て行く結果に陥ります。

したがって、特に弱者にとっての有効な戦略は「一点集中」です。
とは言え、どこに集中するのか?
これに関しては、とにかく勝てるところ。
自社の一番強みが活かせるところに絞ることです。

孫子の兵法にもある、「勝ち易きに勝つ」という教えです。

但し、ここだと決めた領域では、NO.1にならなくてはなりません。
NO.1になることのメリットは、また詳しく見ていくとしますが、
とにかく、ただの1位ではなく、ダントツのNO.1を目指すことです。

集中すべきは、強者であれば第1に商品。
第2に客層。第3に地域です。

弱者はその逆。
第1に地域。第2に客層。第3に商品。
・・・という順番で考えていくと良いでしょう。

これはそれ程深い意味ではなく、差別化のし易さという視点が
その理由です。

但し、業種、業態、自社資源などによって状況は異なりますので、
何に集中すれば、勝てるのか?
これをまずは考えていくとことをお奨めします。


次回は、それぞれについて詳しく見ていくこととしましょう。

参考文献:「ランチェスター戦略マニュアル」
     「ランチェスター戦略弱者逆転の法則

「小が大に勝つ法則!ランチェスター戦略」【特別編】5

こんにちは。
シナプスマーケティング・カレッジの名和田です。

今回は、特別編と致しまして、先般開催された
「ランチェスター戦略」の学会の様子についてレポートいたします。

「ランチェスター戦略学会」が発足し、
11/24、明治大学(東京・御茶ノ水)にて
第1回目の研究大会が開催されました。

学会というもの自体への参加が初めての経験でしたが、
独特の雰囲気に何か格式を感じました。
やはり、通常の講演会やセミナーとはどこかが違います。

「ランチェスター戦略」と日本の実業界で呼ばれているものは、
コンサルタントの故田岡信夫氏(以降、田岡という)が構築した
販売競争の理論と実務体系です。

したがって、現在の日本におけるランチェスター戦略は
=「田岡式販売戦略論」であり、いわゆる学会でテーマとしていくことは、
それを含めたランチェスター法則そのもの研究です。

その中で、私が得た論点は2つ。
戦略論を戦争時の兵法としての捉えたものと、
ビジネスに置き換えた時の戦略論の視点の違い。

そして、今後ビジネスに応用していくにあたり、
自分なりの戦略アプローチプロセスを体系化してく
必要性が有ること。

この2つを明確にすることで、今まで以上に説明が
しやすく、実践での活用がより容易になるような気がした。

我々が、現在取組んでいるランチェスター戦略や競争戦略は、
あくまでも原点(典)であり、骨格となるものである。
しかしながら、ビジネスの世界でこれを応用することは、
日々変化に対応する、新たな理論付けが必要となる。

・・・といった感想を持ちました。

☆「田岡式販売戦略論」=「ランチェスー戦略」(一部おさらい)−−−−−−

その原点は1916年、イギリス人のエンジニアF・W・ランチェスターが
発見した軍事戦略理論「ランチェスターの法則」です。

これは1942年にアメリカ人の数学者B・O・クープマン
(コロンビア大学教授)ら、米軍オペレーションズ・リサーチ・チーム
(ORチーム、作戦研究班)が開発した「クープマンモデル」に影響を与えました。

これらの軍事理論は戦後、産業界に普及し、ORは今日の経営戦略の
一つの源流となっています。

日本人のコンサルタント田岡氏と統計学者・斧田太公望氏は、1962年
クープマンモデルを解析し、73.9%、41.7%、26.1%の
市場シェアのシンボル目標値を導き出しました。

これは、これまでクープマン目標値と呼ばれることが多く
クープマンが開発したと誤解する人もいますが、あくまでも
「田岡・斧田」の両氏が導き出した「シェア理論」です。
(一般にはクープマンとして浸透していますね)

そして、これら「ランチェスター法則」「クープマンモデル」
「田岡・斧田シェア理論」をもとに販売競争戦略として
田岡氏が体系化づけたもの(1971年発表)が、今日の
「ランチェスター戦略」(田岡式販売戦略)と呼ばれているものです。



*一部、ランチェスター戦略『一点突破の法則』より




livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud