シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

問題解決

星野リゾートの問題解決

先日、問題解決の講座について話をしました。

そうしていたら、そうそう前々号かな?日経ビジネスAssocieで
「最強の問題解決術」というのをやっていたのを思い出しました。

この雑誌の中でケースとして、実際の企業取り組みをCASEとしてあげて紹介していてなかなか面白かったです。

その中の1つのケース。

星野リゾートの軽井沢ブレストンコート復活への問題解決の話。

ブレストンコートには2つの教会(軽井沢高原教会と意思の教会)があり、
これが集客の強みだったそうです。

そのため、4,5年に1度顧客層を対象に
軽井沢高原協会の認知率を調査していたそうです。

2003年の秋に調査してみると、1999年の62%から39%に大幅ダウン
していることがわかったそうです。

問題点を軽井沢高原教会の認知率ダウンを問題として設定したわけです。

そこでその原因を探り始めたそうです。

記事では記載がないですが、この時点でホテルブレストンコートの
売上、客数はどうなっていたんでしょうかね?
もしかしたらダウン傾向にあって、その結果、

ホテルの売上┳客単価のダウン
         ┗客数のダウン━┳教会関連の客数
                     ┗教会関連でない客数
という分解から「教会関連の客数」のダウンが見られたのかもしれませんね。

話しを戻しまして、この認知率のダウンを問題点として特定して、
原因分析に入っていったそうです。

その中でブレスト、仮説検証ということを行っています。

認知率減少┳広告
     ┗広告以外┳軽井沢に ┳ライバル沖縄
             ┃訪れる前 ┃ の活動活発…
             ┃      ┃
             ┃      ┗軽井沢に
             ┃        あこがれない…
             ┃
             ┗軽井沢━━┳軽井沢に来ても
              訪れた後  ┃ 教会を見ない…
                      ┃
                      ┗軽井沢に来ても
                        アウトレットに
                        しかいかない…

上図のような因果関係を明らかにするロジックツリーをつくる。
そんな会議を4,5回繰り返したそうです。
そうして、要因の絞込み、原因別に対策を立てたそうです。

【考えた対策】
〃攬翅瑤任離ぅ戰鵐
軽井沢全体での広告
6飢颪慮学ルート確立
ぅ▲Ε肇譽奪箸妊船薀靴鯒曚

【見えてきた要因】
教会の顧客層である若い人の軽井沢に対するイメージが
「教会の街」から「アウトレットの街」に変わっている
というのが要因だと見えてきました。
そしてこの仮説を調査によって論証したそうです。
マーケティング的に言うと環境の変化があったわけですね。

実は私も、この顧客層の年齢だと思うのですが、
軽井沢からイメージするのは、
・アウトレット
・避暑地(皇族の方、テニス、セレブ)
といった感じでした。。。f^^)

しかしながら、意外とぶらりと教会をにきて
眺めて帰る方もいるということから、
「軽井沢=教会」イメージ強化のために
6飢颪慮学ルート確立
という対策に取り組んでいきます。

ぶらりと見て買える方をしっかりと教会内に誘致して、
AIDMAで言うと、
A(認知)している人をいかに
I(興味)、D(欲求)に持っていくかというところですね・
そこで教会を見てもらうためにどうするかを分解して考えていきます。

教会を見てもらえない問題として、

ゞ飢颪僕茲覆
 要因:駐車場に入れない。
∪个龍飢颪貌らない
 要因:挙式が入っていて見れない
7攬翅高原ホテル
 要因:目立たないため見過ごしてしまう
ぅ曠謄詁發貌らない
 要因:ホテルのラウンジは敷居が高い)
 
というのがあり、それぞれに対策を打っていったそうです。

_叱客専用の駐車場の確保
見学ツアーの告知(見学できる時間があることを告知)
C鷦崗譴妊泪奪廚渡し
ぜ禺圓任盖し擇貌ってこれるようなラウンジ新設

これらを実施することで、
2008年ブレストンコートのブライダル売上は昨年対比越えしたそうです。

前回ブログでも書きましたが、
全部が記事になっているわけではないので、
合致しないところもありますが、
前回書いた弊社の問題解決の流れと似ているように思います。

(1)問題点抽出の技術
   ・問題点はロジックツリーで分解して考える
   ・問題点抽出の切り口はアウトプットから、、、

(2)原因探求の技術
   ・原因は「一致法」と「差異法」で考える
   ・複雑な構造は、因果構造図を描いてみよう

(3)解決策立案の技術
   ・解決策もロジックツリーで分解して考える
   ・説得力のある「根拠」の示し方

実際、今回星野リゾートの軽井沢ブレストンコートが
ぶつかった問題と同じようなことが皆さんの近くでもあると思います。

こういう力を学ぶ⇒そして使って鍛える
そうすることでビジネスパーソンとしてのスキル、
発揮能力がさらにあがると思います。

ワタクシはこういうビジネスの裏側や取り組みストーリが大好きでして。。。
今後もなんかネタを見つけては書いていきたいと思います。

というわけで、問題解決スキル講座もよろしくです。

講座紹介:問題解決
申込みページ

今この人に聞く、五十嵐博一先生

名和田です。

4月度の「今この人に聞く!/マーケティング・インタビュー」、
今回は、シナプスの講師でも有り、中小企業診断士の資格を始め建設業
関連の資格も多々持つ、五十嵐博一先生にご登場頂きます!

テーマ「コンサルタントとしての活動」を中心にお届けいたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃今この人に聞く!/マーケティング・インタビュー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月の「今この人に聞く!/マーケティング・インタビュー」のゲスト
は、シナプスの講師でもあり、中小企業診断士の資格を始め建設業関連の
資格も多々持つ、五十嵐先生をお迎えしてお話しを聞いていきたいと思
います。

【今月のゲスト】…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…

1964年生まれ。早稲田大学理工学部卒。清水建設株式会社勤務を経て、
有限会社ファイブ・コンサルティングを設立。
企業の経営戦略、マーケティング戦略のコンサルティングや人材教育に
携わっている。全国各地で開催する建設業経営者向け経営革新セミナー
も大好評。大学や専門学校などの講師も務めている。
「起業のお値段」
「3日間でできるLLP設立ガイド」「日本版LLCはこうつくる」
「生産管理クイックマスター」「建設業 残された選択肢」など著書
多数。技術士(電気・電子)、建築設備士、インテリアコーディネーター、
中小企業診断士。
http://five.dreamblog.jp/

◆インタビュー◆────────────────────────

【名和田】
今日は、同じシナプスで講師をされている五十嵐先生をお迎えして、改
めて先生の仕事や活動についてお話を伺いたいと思います。

まず、先生のプロフィールで目につくのが、その資格の多さですよね。
中でも特に強みとしているものはどの資格になりますか?

【五十嵐】
資格の難易度から言えば「技術士」ということになりますが、実用上は、
独立するきっかけになった「中小企業診断士」ですね。
とりあえず、すぐに日銭を稼げる仕事にありつけましたから。

【名和田】
『中小企業診断士』の資格ですか。
確かに人気も有り、実用的な気がしますね。

中小企業診断士の資格について、取得プロセスやメリットなどもう少し
詳しく教えて下さい。

【五十嵐】
中小企業診断士は元々、行政サイドが地域の中小企業を支援するための
資格でした。

それが2000年に制度改正されて、一般の経営コンサルタントという位置
付けに変わったのです。
新制度の中小企業診断士の領域は、かなりMBAに近いものになってい
ます。

資格取得のためには、専門学校を利用するのが最も一般的です。
最短で1年程度の学習でも取得可能ですが、大部分の人は2年以上掛っ
ているようです。
以前、2年で取得する人が最も多いという統計データを見たことがあり
ます。
私自身も2年かかりました。

【名和田】
実際取られてみていかがですか?

【五十嵐】
この資格を取ってよかった、というより、この資格のために勉強してよ
かったのは、経営学、経済学、マーケティング、財務会計、生産管理、
企業法務、コーチングなどを網羅的、体系的に学べたことですね。

【名和田】
そういえば、私の知人にも、途中で挫折してしまった人が何人かいまし
たが、その為の勉強は意味があったって言ってましたよ。
かなりハードらしいですね(笑)

【五十嵐】
ただ、実際に独立してフリーの立場で仕事をしてみると、資格そのもの
は大した強みにはならないと感じます。

資格があろうとなかろうと、上手くいっている人は上手くいっているし、
上手くいっていない人は上手くいっていませんから・・・。

実感としては、今一番の強みになっているのは、18年間に渡るサラリ
ーマンとしての実務経験だと思っています。

【名和田】
確かに。それは私も実感するところです。
ところで、独立したきっかけというのは何だったんですか?

【五十嵐】
30才のころから、漠然と「一生サラリーマンでいるのは抵抗があるな」
と感じていました。

でも、どうしたら独立できるのかわからず、とりあえず出来ることをやろ
うと思って、仕事に関係のある資格を取得しはじめました。
資格があれば“食いっぱぐれる”ことはないだろうと考えたのです。

そんな中で、阪神大震災の復興事業に携わり、被災地でがんばる多くの中
小企業経営者と出会ったことで経営に興味を持ち、コンサルタントに転進
する決意を固めました。

【名和田】
そうだったんですか。
それで資格を色々お持ちなんですね。

でも、阪神大震災がこういう形できっかけになることも有るんですね。
あの早期復興に携わった人達のパワーとスピードは凄いエネルギーだった
のでしょうね。

では、現在の活動についてお聞かせ下さい。
ワークスタイルやお仕事の内容というのはどんな感じなのですか?

【五十嵐】
主な仕事は、コンサルティングと講演やセミナーの講師、そして執筆です。

経営系のコンサルティングや技術系のコンサルティングに関しては、一定
期間、あるいは個別プロジェクト単位で依頼を受けて契約を結んでいます。

講演や講師に関しては、主催者から直接依頼される場合と、エージェント
経由で依頼される場合があります。

執筆のほうは、一般の書籍と専門誌から依頼される記事などです。

【名和田】
コンサルタントと一言でいっても、その内容やスタイルは人によって千差
万別ですよね。
五十嵐先生の場合、かなり理想に近い形なんですか?、

【五十嵐】
色々好きなことをやっていますからね。
サラリーマン時代に比べると、仕事に費やす時間も半減しましたし、余計
なストレスもないから正直楽ですね。

【名和田】
おぅ。それは素晴らしい。
時間に関しては大抵逆ですよね。

でも、この厳しい時代ですから、クライアントへの影響は何か感じるもの
があるんじゃないでしょうか?

【五十嵐】
クライアントの取引先が倒産したり、関与していた取引が頓挫したりと、
それなりに影響は受けています。

ただ、そんな中でも、増収増益を続けている元気なクライアントもいます。
今回の金融危機は、マクロ的に景気が後退しているのは間違いありませんが、
ミクロ的に見れば、損をしている人と得をしている人が混在していると感じ
ます。

【名和田】
確かにそれも有りますね。
実際今の未曾有の不況をどのように捉えてますか?

【五十嵐】
かつて日本は“バブル景気”とその崩壊を経験しましたが、今回は世界的規
模です。
大袈裟かもしれませんが、かつての日本のバブル崩壊と今回の金融危機は、
波の出るプールとビッグウェンズデーくらいの差があるように思います。
今はまさに“歴史の1ページに残る激動の瞬間”なのではないでしょうか。

個人的には、“100年に一度”という滅多にない状況を今の年齢と立場で経験
できたことは、ある意味でラッキーだったと思っています。(笑)

【名和田】
う〜ん。。。
とてもポジティブなコメントで驚きです(笑)
ただ、そういう見方がいいのかも知れませね。

では、この状況を乗り切るためのアドバイスは?

【五十嵐】
ビッグウェンズデーを目の前にして、果敢に挑むか尻込みするかで経営者の
価値が決まるのだと思います。

「ピンチ」や「変化」の陰には、必ず「チャンス」が隠れています。
まずは今の状況を前向きに捉え、どこにチャンスが隠れているのか貪欲に探
すべきでしょう。

まわりが大騒ぎしているときこそ、冷静に状況を分析すべき時なんです。
そして、こういう時こそ、先人が築いた基本的なフレームワークが有効に使
えるのではないでしょうか。

【名和田】
おっしゃる通りです。私もそう思いますね。

話は変わりますが、本も色々出されていますよね?
特に新しい仕組みの会社設立関係の本などが目につきますが、この辺りの
理由は何か有るんですか?

【五十嵐】
独立したばかりのころ、ちょうどLLP(有限責任事業組合)が制度化され
ました。
これは面白そうだなと感じて、仲間とLLPを作ってみることにしました。

でも、始まったばかりの制度でしたから、具体的な設立手続きはほとんど
知られていませんでした。
そこで、自分たちのLLP設立手続きの進捗状況をブログで速報しました。
そして設立完了後に、設立手続きの体験をそのまま本にしようと出版社に
企画を持ち込んだのです。
それが『3日間でできるLLP設立ガイド』という本になりました。

【名和田】
実は、私もその本を買ってその通り登記しました。。。(笑)
確かに3日で出来ますね。
まさか後に筆者と出会うとは思いませんでした・・・(笑)

【五十嵐】
そうでしたね。お役に立てて何よりです(笑)。

まぁ、これがきっかけとなり、今度は出版社から、新しい「会社法」で制
度化されたLLC(合同会社)の設立手続きの本を書いてみないかと言わ
れて引き受けたのが、『日本版LLCはこうつくる』という本です。

さらに別の出版社から、起業をテーマにした本を書いてほしいという依頼
があり、『起業のお値段』という本を書きました。

そんなわけで、会社設立関係の執筆が続いているというわけです。

これらの本がきっかけとなり、実務上でも幾つかの会社設立や事業立ち上
げのサポートをさせて頂いてます。

【名和田】
今後の執筆予定はありますか?

【五十嵐】
実は、これまで出した本以外にも、企画を考えては出版社や編集者に持ち込
んでいるんです。

でも、簡単には採用されませんね。ボツネタもたくさんあるんです。
めげることなく、常に本のアイデアをあれこれ考えています。
まだ具体的にお話しできる段階ではありませんが、頭の中では常に企画進行
中です。

【名和田】
なるほど。中々出したい本と世の中のニーズというのも合致しませんからね。

今後の展望についてはいかがでしょう?

【五十嵐】
個人としての価値を高める取り組みと、会社として事業を育てていく取り組
みの両立を目指しています。
そのためには、自身の研鑽と地道な営業活動が必要だと考えています。

コンサルティングのほうは、まだ下請の立場になることが多いのですが、
最近少しずつ元請で仕事を受注できるようになってきました。

講師業のほうは、同業の仲間とも連携して、エージェント的な機能を強化し
ようとしています。

なんだかんだ言っても、お客さんを獲得できなければビジネスになりません
からね。
泥臭いことを地道にやる、それが一番大事なんじゃないかと思っています。

【名和田】
同感です。
最後に4月28日(火)からシナプスで「問題解決スキル」講座がスタートし
ます。それについて一言お願いします。

【五十嵐】
「問題解決スキル」は、ひと言とでいえば、マーケティングのスパイスを効
かせたロジカルシンキングの講座です。

「論理的に考えるのは苦手」という方にお勧めしたい講座です。
右脳と左脳をバランスよく鍛えたいという方にもいいと思います。
よかったら是非お試しください。お待ちしてます!

■……………………………………………………………………………■
<インタビューを終えて>

今回のインタビューは、私も立場が近いこともあり、共感する部分
が多々有りました。
中でも独立してフリーの立場で仕事をしてみると、資格そのものよ
り実務経験がものをいう・・・というのは、まさにその通りだと思
います。経験に優るものは確かにないなと改めて実感しました。

                       (by nawata)
◆ 名和田 竜(なわたりょう)────────────────

企業のマーケティング戦略から、販売戦略・促進を専門とするマー
ケティング・コンサルティングプランナー。
ランチェスター戦略をベースに、個人及び小さな会社が大きな会社
に勝つための戦略指導に力を注ぐ。

・シナプス・マーケティングカレッジ講師
・NPOランチェスター協会認定コンサルタント
☆著書:『誇りを持って稼げる/最強の私を手に入れる!』(ビジネス社)
(http://www.relation-stage.com/)
───────────────────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃五十嵐博一講師担当講座情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎「問題解決スキル」講座 −−−−−−−−−−−−−−−−

ロジカルに考えることが苦手な人へ。論理的思考力の強化と習得
http://www.cyber-synapse.com/college/course/lm/?090414ml/

■時間:19:00-21:30 (火)
■日程:4/28 5/12 5/26 6/9
■会場:銀座1丁目会議室
■講師:五十嵐博一

問題解決スキル

こんにちは、

今月の初めに弊社カレッジのコア講座の
マーケティングベーシックスのブラッシュアップ会議を
行いました!とブログに掲載しまして、
その後の報告が遅れてしましました。。。(汗)

今回は問題解決スキル講座についてです。

ビジネスをしていると様々な問題に直面します。
まったく問題のない企業などないですよね。

そんな時にただ闇雲に手を講じても、なかなか思った
ような成果を出すことはできません。
そこで必要になってくるのが「問題解決スキル」です。

問題解決にはコツがあるんですね。

弊社代表の家弓がそのコツについては
ブログで少し語っておりますので、
覗いてみてください。
シナプス代表 家弓ブログ

実はこの問題解決スキル講座は、いくつかある弊社講座の中でも
私が好きな講座の1つです。

入社当初、テキスト見ただけでワクワクしていたことを思い出します。
そんな講座を今回は結構時間をかけて、
現場でデリバリしていただいてる五十嵐講師と共に
改定を行いました。

内容は、こんな感じです。

問題解決の構造を次の3ステップで考えてみました。
 (1)問題点の特定
 (2)その原因探索
 (3)解決策の立案

この3つそれぞれのちょっとしたコツ。

(1)問題点抽出の技術
   ・問題点はロジックツリーで分解して考える
   ・問題点抽出の切り口はアウトプットから、、、

(2)原因探求の技術
   ・原因は「一致法」と「差異法」で考える
   ・複雑な構造は、因果構造図を描いてみよう

(3)解決策立案の技術
   ・解決策もロジックツリーで分解して考える
   ・説得力のある「根拠」の示し方

ぜひ、多くの方に受講していただきたい。
開講まであと1週間迫り、ドキドキしています。

検討されている方はお急ぎくださいませf^^)

問題解決スキル講座

お申込ページ
livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud