シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

コーヒー

マクドナルドでコーヒーだけを飲もうとするとタダになって気まずい話

シナプス後藤です。

皆さんはコーヒー一杯の値段はいくらだと思いますか?

私は、外出する時、早めに行ってコーヒーを飲みたい派です。
多くの場合、カフェチェーンかファストフードを利用します。最近はどこのチェーンでもそこそこおいしいコーヒーが出てきますし、高くてもせいぜいスターバックスの300円ですから、朝食を取らない私にとっては余り気になる値段ではありません。

先日、朝から外出の予定があったので、訪問先の最寄り駅の近くのマクドナルドに入りました。朝はコーヒー以外は注文しないので、「コーヒー下さい」というと、コーヒーは0円です、と言われました。で、他に何かいりませんか、と言われたのですが、欲しくないので「要りません」と答えたら、結局、お支払い0円でした。

0円、と言うと得したようにも思えますが、元々コーヒー代くらい払う気でいたので、何も支払っていないと結構気まずいものです。お店の従業員からすると、0円の顧客とセット480円の顧客は「誰が誰だか分からない」だろうとは思うのですが、こちらからすると従業員から「タダのクセに」と見られているような気がしてしまいます。


マクドナルドは価格戦略がとてもうまい企業だな、と感じます。基本戦略としては「安くておいしい」を掲げているのでは、と思いますが、安さと言う観点が抜群です。実際に安いケースも多いのですが、ただ、100円マックや200円ビッグマック等の低価格施策をCMで大々的に実施したかと思えば、気付かない間に元に戻して、うまく消費者の価格「感」をコントロールしているように感じます。

今回のコーヒー0円もそれの延長かもしれません。

一般に飲料はコストが安いので、それほどのダメージは無いのかもしれません。それ以上に、「0円」という魅力的な値段による集客効果の方が大きい、と言う事なのでしょう。
勿論、その前提は、「来てくれた顧客はコーヒー以外の物も頼む」と言う事ですが。


嬉しいか気まずいかはともかくとして、0円という価格は印象に残ることは間違いなく、そう考えるとなかなか良いプロモーションですね。
と言っても、誰がやってもうまく行くわけではなく、コスト構造や店舗数、プロモーションパワー等含めて、それが出来る力がある事がマクドナルドの強みでしょう。

コーヒーのいろいろな種類と違い

最近ではプレミアムコーヒーというジャンルが
ずいぶんと確立されてきました。

でも、よく考えると、スタバなどに行くと、
カフェオレ・カプチーノ・エスプレッソ・などなど
いろんなメニューがあるんだけど、
なんとなくの味の違いはわかるけど、
どこが違うの?

という疑問が…

そこで調べてみると、

そもそもドリップ式抽出とエスプレッソ式抽出の2つがあるようで、
この2つの違いは圧縮しているかどうか?

ドリップ式抽出に

・ミルクを入れると、カフェラオレ、
・泡立てた牛乳(フォームドミルク)を入れると、カフェクレーム

エスプレッソ式抽出に
・エスプレッソにミルクが入っていれば基本なんでもカフェラテ
 ただ、日本ではスチームドミルクとフォームドミルクが両方入っているよう。
・スチームドミルク&フォームドミルクで、カプチーノ
 フォームドミルクの割合が多いのがカプチーノとされているよう。
・スチームドミルクだけだと、カフェマキアート
・スチームドミルク&チョコレートシロップで、カフェモカ
だそうです。

coffee






なんだかコーヒーの種類だけでもややこしい
コーヒー業界ですが、マーケットではもっともっと
ややこしい状況になっているようで
それは次回に…
livedoor プロフィール

cybersynapse

シナプスマーケティングカレッジでは、時代を勝ち抜く必須スキルをご提供しています。
卒業生3013人の約95%が満足と応えた!
コンサルティング会社が提供する「体感ラーニング!」で、あなたの目標を是非実現させてください!

今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud