シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

個人ブログ

スポーツビジネスってこんなことなんじゃないか仮説 その3

前回、前々回と、スポーツの価値とは何か、について記載しました。
では、ビジネスとして拡大するためには何に気を付ける必要があるのでしょうか?

スポーツに関連するビジネスを拡大するためには、4つのポイントがありそうです。
すなわち、
1) 競技認知を増加させる
2) リテンションの仕掛けを作る
3) マネタイズポイントの設計
4) 「ビジネス」を優先させる
の4つです。

1) 競技認知を増加させる
 Jリーグができた理由はキャプテン翼の影響、Bリーグができた理由はNBAとSLAM DUNKの影響(*)が極めて大きいと思っています。それまで日本は野球全盛で、昭和の男の子のほとんどは子供時代野球で遊んでいたはずです。ところが、1980年代にキャプテン翼が流行ると、サッカー人口が増え、その結果、1993年にJリーグが出来るころにはその時代に始めた少年たちがピッチに立っているわけです。また、1990年代にSLAM DUNKが流行った結果、競技人口が広がったわけで、例えば、今Bリーグで活躍している田臥選手あたりはもろにSLAM DUNKにドはまりしていたわけです。
 競技人口が広がると、その分認知が広がり、結果として産業として成立する規模になります。最近では、カーリング女子が話題(**)ですが、これも競技として知られているがゆえに今後産業として成り立つ可能性が大きくなるでしょう。

*SLAM DUNKの前にNBA(主にマイケルジョーダン)のブームがあり、データを見ると競技人口はそちらの方が影響が大きいようです。
**元エントリーは1年前に記載しましたが、そのままにしています。

2) リテンションの仕掛けを作る
 認知の次に重要なのはリテンションです。これが失敗した最近の例はラグビーでしょう。せっかくの五郎丸ブームが、一過性のブームとして終わってしまったのは、競技やその周辺にリテンションがかかる仕掛けがなかったこと。ラグビー自体は面白いのかもしれませんが、それだけではやはり弱い。
 一方で、上述したサッカーやバスケは、エンターテイメントとして面白いコミックコンテンツが既に存在していたため、そこがリテンションになっていたというのは大きいでしょう。また、競技として手軽にできる点も見逃せません。
 最近だと、カーリングがこの壁に当たるはずですが、カーリングはすぐに始められるスポーツではないし、試合を観戦できる場所もないので、やるとしたら、グラビア写真集を出すくらいの選択肢しか思いつきません。(本橋選手が写真集をだしていましたが、方向として間違っていないと思います。)

3) マネタイズポイントの設計
 三つめが恐らくどこも悩ましいところでしょうが、マネタイズポイントの設計です。
競技を見せるなら、試合観戦で儲けるのか、グッズで儲けるのか、周辺(例えば、球場のビールとか)で儲けるのか。
 マラソン大会のような大会を運営するにしても、参加フィーで儲けるか、広告費で儲けるか、等あるでしょうし、儲けのポイントは幾つも考えられます。
 ところが、難しいのは、「意外とそこにお金を払ってくれない」という事でしょう。
球場に足を運ぶならチケット代は出すでしょうけど、そもそもお金を出すほど面白いのか、と言われるとなかなか損益分岐点を超えるほどのユーザがいない。(この辺は、1)、2)に大きく関わります。)
 価値に対してお金をもらうのは当たり前のことですが、消費者の価格感ベースが低い場合にどう対処していくか、という議論になるでしょう。

4) 「ビジネス」を優先させる
 プロリーグでよく聞く話ですが、「儲かる選手」と「勝てる選手」はどちらが良いか?という議論です。
 試合はつまらないが勝つには勝つ、というのと、負けることも多いがとにかく試合は盛り上がる、のでは、エンターテイメントとしては後者の方が良いわけです。また、上手いがメディア受けも消費者受けも悪い玄人好みの選手と、下手だがメディアでも受けるし顔も良く消費者は受けもよい選手では、後者の方がスポンサーがつくわけです。
 もともと体育会系から来ていると、「先輩は絶対」というような暗黙のルールがある競技もあると聞きます。そうなると、ビジネスとして運営していく場合に、歪む。ですので、ビジネスはあくまでビジネス、試合に勝つ、選手に気持ちよく試合をしてもらう、というのもあくまでもビジネスの一要素である、ということを忘れないようにしないといけない。

これら4つのうち、1)、2)は一企業、一事業としてやるのは結構ハードルが高いと思います。だから、プロ野球やJ、Bリーグは、リーグが主体となって動いています。一企業としてやる場合は、ホームタウン活動がメインになるでしょう。すなわち、地元に根付いて地元にファンになってもらう。Jリーグはアカデミー(ユースなど、若手育成組織)がありますが、これの一つのメリットは、「友達が試合に出ている」ことです。「昔、〇〇選手と試合してさぁ」とか「〇〇選手の中学の頃は、〇〇でさぁ」みたいな話ができると自然とチームに愛着がわいていきます。

通常、事業開発や事業戦略を考える場合、競争優位性やコスト構造等が重要になってきます。もちろん、これらも重要ではあるのですが、競争優位性については、業界内競争よりも他の時間消費やお小遣い消費との戦いの方が大きい。なので、競技そのものを盛り上げる方が効率が良い(と思われる)。
また、コスト構造はもちろん重要ですが、コストの前にマネタイズ、売上を上げるほうが大きく影響するだろうと想定しています。この辺は、事業主体が何になるかにももちろんよりますが、コストコントロールはまぁ簡単なんだろうなぁと。(4次第ではあるのですが。)

まぁ、業界の特殊性にどう立ち向かうか、ということでは上記の4つの視点を持っておくのが良いのではないかと思っているわけです。

スポーツビジネスってこんなことなんじゃないか仮説 その2

前回の続きです。

前回はスポーツの価値、ということについて4つの観点で整理しました。

では、競技スポーツにエンターテイメント以外の価値はあるのか?

二つくらいあるのではないか、という仮説を持っています。
すなわち、「体育」としての価値と、「モデル(縮図)」としての価値です。

1) 「体育」としての価値
 wikipediaによると、体育とは、「スポーツなどの各種の運動を通じて、心身の健やかな成長をねらうと共に、自己の体のしくみなどを学び育むこと」とあります。
 トップアスリートの取り組みを見れば、心身、特に身体側の健やかな成長に寄与できる様々なものがあります。例えば、「プロが取り入れている運動法」「プロの食事法」などは一般に適用できれば、その分健康に近づけるでしょう。また、最近では選手にセンサーを付けて測定し、ヘルスケアに転用する、という話も聞きます。これらは、後者の「体の仕組みを学ぶ」ことに使われています。

 ここには価値があり、これを利用することで新たなビジネスのネタにできるのでは、と思います。

2) 「モデル(縮図)」としての価値
 アメリカでの研究がベストセラー本になったものの多くは、スポーツを分析している印象があります。例えば、リーダーシップや組織論等ですね(特に、カレッジスポーツのデータを使っている印象があります)。また、ビジネスの競争戦略を学ぶにおいて、スポーツを参考にする、というのは結構わかりやすいのでは仮説を持っています。ビジネスの場合、変数が多いので意外と理解が難しいのですが、スポーツの場合、変数が少ないので、戦略もわかりやすくなる。
 ルールが簡単で結果が短期で明確に出やすいため、「モデル」として活用してそれを実社会に展開する、という方法があるような気がしています。
 とはいえ、この話は、前述のエンターテイメントや上記の「体育」に比べると弱いですね。

だからなんだと言われると困るのですが、自分の頭の整理も兼ねて記載してみました。

スポーツの中の人は、派手に稼いでいるように見えて、結構な格差社会でもあり、産業化、収益化は結構重要なのだと思っています。
その意味で、すそ野を広げるのに、「スポーツの価値ってなんだっけ?」を考えるのは大事なんではないかなーと思っていたりします。

スポーツビジネスってこんなことなんじゃないか仮説 その1

「スポーツ」をビジネスの視点で切り取った時にどういう価値があるのか、ということを以前考えており、その備忘録として記載しておきます。

競技スポーツのコンテンツ価値として、一義的な価値はエンターテイメントとしての価値です。
(競技スポーツは、プロスポーツやオリンピック、国際大会等、「見る」スポーツのことを指します。)

トップアスリートが介在するこれらの競技は、見る人が多いので、そこにお金が集まり、例えば、リーグとして存在し得たり、プロアスリート向けの用具が出来たりするわけで、エンターテイメントビジネスとしての価値が周辺産業を成り立たせています。

では、なぜ面白いのか?
ポイントは4つあります。

1) 競技のゲーム性
2) 勝ち負けに感情移入できる
3) 「自分」の延長線上にある
4) 偶発性がある

1) 競技のゲーム性
 ルールで縛ることで、変数を単純化できる面白さがありそうです。
勝利条件、取りうる選択肢、等が見ている人でも理解ができ、一方で、多少の偶発的要素によって弱いチームが勝ったり、途中で逆転できたりする点も面白い。

2) 勝ち負けに感情移入できる
 サッカー日本代表やWBC(World Baseball Classic)等がまさにこれにあたりますが、自分たちのチームが戦って勝ったらそりゃ嬉しい、という単純な感情です。水戸黄門が悪者をやっつけるのも同様かもしれませんが、ひいきにしている人たちが勝つ、というのはうれしいものです。

3) 「自分」の延長線上にある
 これは仮説にすぎないのですが、、、
多くのスポーツは、自分でできます。例えば、野球のピッチャーなんかもマウンドに立って投げれば、時速80kmくらいでなら投げられると思いますが、プロは倍のスピードで投げるわけです。素人はバッティングセンターで、まぁそこそこうまい人なら時速120kmくらいのストレートならヒット性のあたりになるわけですが、150km/hでフォークボールがズドンと落ちてくるとかすりもしない。
 こういう想像ができるので、「スゲー」と感じ、そのすごさに感動する、というようなことがありそうです。

4) 偶発性がある
 映画やドラマ等に比べて、という事ではありますが、偶発的な出来事があるから面白い、という側面は結構強いです。これは近年顕著なことですが、音楽はCDやダウンロードはそれほど売れておらず、むしろライブが収益源としてシフトしています。入手が楽、という事でもあるのですが、その一方で、「その場で見るからこそ面白い偶発性」が影響しているのも一因かと思います。その線で見ると、毎試合結論がわからないことの面白さがあるのかもしれません。

日経MJヒット商品番付2017

シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2017が発表されました。
横綱に「アマゾン効果」 MJ2017年ヒット商品番付


【日経MJヒット商品番付2017】

■東:
横綱:アマゾン・エフェクト
大関:安室奈美恵
関脇:GINZA SIX
小結:シワ取り化粧品
前頭:ホンダ「N-BOX」、Abema TV番組 iPhoneX、うんこ漢字ドリル、桐生祥秀、明治「ザ・チョコレート」、上野(パンダ、展示会、パルコヤ)、サントリー食品インターナショナル「クラフトボス」、スクウェア・エニックス「ドラゴンクエストXI」、外食値上げ・スーパー値下げ、豪華列車、イミュ口紅「オペラ リップティント」、高級ミラーレス、竹内涼真

■西:
横綱:任天堂ゲーム機
大関:AIスピーカー
関脇:スタートトゥデイ「ゾゾタウン」
小結:睡眠負債商品
前頭:株高、ウーバーイーツ、ハンドスピナー、「君の名は。」映像ソフト、カズオ・イシグロ、コンビニ焼き鳥、イズミ「LECT」、キリンビール「零ICHI」、VR施設、格安4Kテレビ、脱・痛勤、ダンシング・ヒーロー、愛知ドビー「バーミキュラライスポット」、坂道シリーズ


殊勲賞:清宮幸太郎&中村奨成
敢闘賞:加藤一二三
技能賞:池の水ぜんぶ抜く(テレビ東京)
流行語賞:35億
残念賞:プレミアムフライデー


東の横綱は、Amazonですね。生鮮など領域拡大しており、三温度帯での宅配網が構築されると他社との差別性が相当強くなるのでは、と想像しています。Amazonだけの影響ではありませんが、ECの取引増加で宅配業界の人手不足が顕在化してきましたね。上期は稀勢の里が東の横綱でしたが、先日の日馬富士の件で各界がゴタゴタしているからか番付からなくなってしまいました。
一方で西の横綱は上期から引き続き、任天堂が選ばれました。スマホ全盛の今、これだけ人気が出るというのも素晴らしいことですね。

ゾゾタウンは、採寸用のスーツを無料配布しましたが、これが実用化されるとアパレル業界も一気にEC化が進む可能性がありますね。アパレルECのバリアとして、サイズの問題が大きいと言われますが、それが解消される可能性が高いということです。どの程度の精度になるのかは興味深いです。個人的には靴でやって欲しいのですが、、、。
AbemaTVやウーバーイーツ等、業界を変化させる新しい試みが出てきているのも面白いですね。既存の業界ルールに縛られない動きをするプレイヤーに対して、既存のプレイヤーがどう反応するか、というところも含めて楽しみです。

個人的には、iPhoneXが入ったのは驚きで、スマホ端末は革新的なものが出ないとランクインしないと思っていましたが、世の中はまだまだAppleが中心なのかもしれません。AI等の機能が搭載されているので、今後の進化のスタート地点になると思いますので、今後が楽しみですね。


皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2017上期
日経MJヒット商品番付2016
日経MJヒット商品番付2016 上半期
日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

新規事業向きの人

シナプス後藤です。

以前、「新規事業(イントレプレナー)に向いている人ってどんな人だろう?」という会話をしたのですが、久しぶりに思い出して書いてみます。

新規事業は難しい、とはよく言われることですが、一方で、ベンチャービジネスの立ち上げ・成功に比して、新規事業に携わるのは割りが悪いとも言われます。
起業して成功した場合、それこそ株式公開(IPO)や売却まで持っていければ、その瞬間に大金持ち、というようなことは多々ありますが、大きな会社で新規事業を立ち上げても、多少偉くなる程度でものすごく大金持ちになるわけではありません。一方、同じ偉くなるのであれば、新規事業よりも、花形事業で成功したほうがよほど効率が良かったりするわけです。

それでも、企業に属しながら新規事業を立ち上げる方はいらっしゃいます。
仕事柄、インタビューをさせていただいたり、インタビューとは言わなくてもいろいろとディスカッションをさせていただくことが多いので、その感覚値で書くと、新規事業の成功者は、

・新規事業は普通、大変なのでやめたくなるが、それでもやめない人は多い(やめてないから新規事業として成功しているとも言えますが)
・インタビューをしてみると、「会社が好き」「会社に恩がある」という回答が多い

というのが標準値である気がします。

つまり、会社が好きになる、恩を感じるだけの期間は会社に在籍しないといけないとすると、10年程度、ちょうどスキルも社内ネットワークも整ってくる10年目くらいが新規事業にチャレンジさせるにはちょうど良いのでは、と思います。

企業の体質やスタンスにもよりますが、新規事業立ち上げのために外部から人材を招へいする(採用する)ケースも見られます。その場合、事業開発のスキルとしては申し分ないものの、社内のリソースを知らなかったり社内政治の手順を知らないなどで失敗した、というケースも聞きます。つまり、新規事業の成功は、事業開発のスキルだけではない、ということです。
(そういう方はスキルがあるので、肌に合わないと思うと簡単にやめてしまう、ということもあります。)

ということで、統計を取ったわけではありませんが、30代前半くらいが新規事業開発に携わるに一番いい時期ではないか、と思うわけですが、いかがでしょうか。

(とはいえ、リクルートさんやサイバーエージェントさんみたいな、新規事業が次々と生まれる企業だと、もっと若いうちからチャレンジさせた方が良いと思います。)
livedoor プロフィール

cybersynapse

シナプスマーケティングカレッジでは、時代を勝ち抜く必須スキルをご提供しています。
卒業生3013人の約95%が満足と応えた!
コンサルティング会社が提供する「体感ラーニング!」で、あなたの目標を是非実現させてください!

今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud