シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

マーケティング

日経MJヒット商品番付2018

シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2018が発表されました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3855559005122018MM8000/
「さよなら平成、新時代の足音 2018年ヒット商品番付」

◆東

横綱:安室奈美恵
大関:スマホペイ
張出大関:羽生結弦
関脇:キリンビール「本麒麟」
小結:Vチューバ−
前頭:U.S.A.、日本橋高島屋S.C.、トヨタ「新型クラウン」、猛暑消費、森ビル チームラボ ボーダレス、もち麦おにぎり、バトルロイヤルゲーム、タピオカミルクティー、ダッドシューズ、ちふれのコールドクリーム&花王の洗顔ジェル、ライオン「リード プチ圧力調理バッグ」、ワークマンプラス、ハットグ、米津玄師、

◆西:

横綱:TikTok
大関:サブスクリプション
張出大関:大坂なおみ
関脇:ゾゾスーツ
小結:eスポーツ
前頭:カメラを止めるな!、東京ミッドタウン日比谷、ニコン「Z7」、サバ缶、銀座ソニーパーク、1000円食パン、ボヘミアン・ラプソディ、おっさんずラブ、グッチ、資生堂「ピコ」、タカラトミー「L.O.L.サプライズ!」、男性用メーキャップ、ごちガスト、あいみょん

殊勲賞:大谷翔平
敢闘賞:サッカーW杯日本代表
技能賞:ムロツヨシ、紙ストロー
流行語賞:ボーっと生きてんじゃねーよ
残念賞:仮想通貨バブル


2018年は、平成も最後の年ですね。(正確には、来年の4月いっぱいですが)
東は平成の歌姫とも呼ばれている安室奈美恵さんの引退とそれにかかわるイベントが横綱で、今、30代後半の方々がまさに流行をけん引していた時代、アムラーを思い出します。一方で、今の流行をけん引している世代が使っているのがTikTokで、最近ではテレビCMも積極的に打ち出してかなり広まっています。

TikTokの流行りは技術的進化によるものもありますが、体育にダンスが取り入れられたことも影響しているのではと思っています。団塊ジュニアである私の世代はダンスができる人はごく一部だったのに対して、今の10代、20代は学校教育でダンスしているので、比較的誰でもできてしまうのです。

残念ながら、サッカーワールドカップは敢闘賞になってしまいました。ポーランド戦で見せた「負け狙いの時間稼ぎ」が賛否を呼びましたが、結果的に決勝リーグ初戦敗退したことで盛り上がりが不十分だったのかもしれません。

スマホ関係では「スマホペイ」サービスが大関ですね。またビジネスモデルの一つでもあるサブスクリプション、つまり定額制サービスが取り上げられたのも興味深いです。新規事業支援を行っていても、定期的に「サブスクリプションモデルはどうか?」という意見が出ますが、お客様の価値がモノからサービスに移っていることの表れでもあるでしょう。


皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2018上期
日経MJヒット商品番付2017
日経MJヒット商品番付2017上期
日経MJヒット商品番付2016
日経MJヒット商品番付2016 上半期
日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

日経MJヒット商品番付2018上期

シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2018上期が発表されました。
上期MJヒット番付、東の横綱に「大谷翔平」


【日経MJヒット商品番付2018上期】

■東:
横綱:大谷翔平
大関:フリマ経済圏
関脇:スタートトゥディ「ゾゾスーツ」
小結:カプコン「モンスターハンター:ワールド」
前頭:高アルコールビール、ライブコマース、東京ミッドタウン日比谷、肩掛けスピーカー、夜マック、名探偵コナン ゼロの執行人、バーチャルユーチューバー、セブンイレブンのチョコミントスイーツ、ソニー「aibo」、疲労回復ジム、花王の柔軟剤「フレア フレグランス IROKA」、マクロショルダーバッグ、ロッテ「歯につきにくいガム<記憶力を維持するタイプ>」、米津玄師

■西:
横綱:平昌五輪
大関:君たちはどう生きるか
関脇:eスポーツ
小結:おしゃべりAI
前頭:強炭酸、財布レス、ウメダフードホール、日産「セレナeパワー」、ニンテンドーラボ、ソースネクストの通訳機「ポケトーク」、副業、グローサラント、キヤノン「EOS Kiss M」、小田急複々線化、フローフシの化粧品「LIP38℃」、ジーユーのキム・ジョーンズ氏とのコラボ、日清食品「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」、BTS(防弾少年団)


殊勲賞:是枝裕和
敢闘賞:松坂大輔
技能賞:ポプテピピック
残念賞:パワハラ・セクハラ


2018上半期は、東も西もスポーツ関連で占めました。メジャーでも二刀流を披露した大谷選手と、「そだねー」の掛け声も流行ったカーリング女子なども話題となった冬季オリンピックです。平昌は韓国ですが、今まさに米朝首脳会談が行われようとしており、まだまだ朝鮮半島は注目の的のようです。

6-7月にはさらにロシア・ワールドカップもありますので、通期も併せてスポーツの話題には事欠かないかもしれません。

大関にはメルカリ等フリマ経済圏と「君たちはどう生きるか」が入りましたが、VUCA時代を象徴するテーマなのかもしれません。

関脇には、アパレルの未来を見せたゾゾスーツと新しいスポーツのジャンルであるeスポーツという、テクノロジーの進化とビジネスモデルの進化が融合したものがエントリーされました。

通期では、ワールドカップが入って欲しいものですが、直前に監督交代まで起こった西野ジャパンの結果にかかっているでしょう。


皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2017
日経MJヒット商品番付2017上期
日経MJヒット商品番付2016
日経MJヒット商品番付2016 上半期
日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

日経MJヒット商品番付2017

シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2017が発表されました。
横綱に「アマゾン効果」 MJ2017年ヒット商品番付


【日経MJヒット商品番付2017】

■東:
横綱:アマゾン・エフェクト
大関:安室奈美恵
関脇:GINZA SIX
小結:シワ取り化粧品
前頭:ホンダ「N-BOX」、Abema TV番組 iPhoneX、うんこ漢字ドリル、桐生祥秀、明治「ザ・チョコレート」、上野(パンダ、展示会、パルコヤ)、サントリー食品インターナショナル「クラフトボス」、スクウェア・エニックス「ドラゴンクエストXI」、外食値上げ・スーパー値下げ、豪華列車、イミュ口紅「オペラ リップティント」、高級ミラーレス、竹内涼真

■西:
横綱:任天堂ゲーム機
大関:AIスピーカー
関脇:スタートトゥデイ「ゾゾタウン」
小結:睡眠負債商品
前頭:株高、ウーバーイーツ、ハンドスピナー、「君の名は。」映像ソフト、カズオ・イシグロ、コンビニ焼き鳥、イズミ「LECT」、キリンビール「零ICHI」、VR施設、格安4Kテレビ、脱・痛勤、ダンシング・ヒーロー、愛知ドビー「バーミキュラライスポット」、坂道シリーズ


殊勲賞:清宮幸太郎&中村奨成
敢闘賞:加藤一二三
技能賞:池の水ぜんぶ抜く(テレビ東京)
流行語賞:35億
残念賞:プレミアムフライデー


東の横綱は、Amazonですね。生鮮など領域拡大しており、三温度帯での宅配網が構築されると他社との差別性が相当強くなるのでは、と想像しています。Amazonだけの影響ではありませんが、ECの取引増加で宅配業界の人手不足が顕在化してきましたね。上期は稀勢の里が東の横綱でしたが、先日の日馬富士の件で各界がゴタゴタしているからか番付からなくなってしまいました。
一方で西の横綱は上期から引き続き、任天堂が選ばれました。スマホ全盛の今、これだけ人気が出るというのも素晴らしいことですね。

ゾゾタウンは、採寸用のスーツを無料配布しましたが、これが実用化されるとアパレル業界も一気にEC化が進む可能性がありますね。アパレルECのバリアとして、サイズの問題が大きいと言われますが、それが解消される可能性が高いということです。どの程度の精度になるのかは興味深いです。個人的には靴でやって欲しいのですが、、、。
AbemaTVやウーバーイーツ等、業界を変化させる新しい試みが出てきているのも面白いですね。既存の業界ルールに縛られない動きをするプレイヤーに対して、既存のプレイヤーがどう反応するか、というところも含めて楽しみです。

個人的には、iPhoneXが入ったのは驚きで、スマホ端末は革新的なものが出ないとランクインしないと思っていましたが、世の中はまだまだAppleが中心なのかもしれません。AI等の機能が搭載されているので、今後の進化のスタート地点になると思いますので、今後が楽しみですね。


皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2017上期
日経MJヒット商品番付2016
日経MJヒット商品番付2016 上半期
日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

新規事業向きの人

シナプス後藤です。

以前、「新規事業(イントレプレナー)に向いている人ってどんな人だろう?」という会話をしたのですが、久しぶりに思い出して書いてみます。

新規事業は難しい、とはよく言われることですが、一方で、ベンチャービジネスの立ち上げ・成功に比して、新規事業に携わるのは割りが悪いとも言われます。
起業して成功した場合、それこそ株式公開(IPO)や売却まで持っていければ、その瞬間に大金持ち、というようなことは多々ありますが、大きな会社で新規事業を立ち上げても、多少偉くなる程度でものすごく大金持ちになるわけではありません。一方、同じ偉くなるのであれば、新規事業よりも、花形事業で成功したほうがよほど効率が良かったりするわけです。

それでも、企業に属しながら新規事業を立ち上げる方はいらっしゃいます。
仕事柄、インタビューをさせていただいたり、インタビューとは言わなくてもいろいろとディスカッションをさせていただくことが多いので、その感覚値で書くと、新規事業の成功者は、

・新規事業は普通、大変なのでやめたくなるが、それでもやめない人は多い(やめてないから新規事業として成功しているとも言えますが)
・インタビューをしてみると、「会社が好き」「会社に恩がある」という回答が多い

というのが標準値である気がします。

つまり、会社が好きになる、恩を感じるだけの期間は会社に在籍しないといけないとすると、10年程度、ちょうどスキルも社内ネットワークも整ってくる10年目くらいが新規事業にチャレンジさせるにはちょうど良いのでは、と思います。

企業の体質やスタンスにもよりますが、新規事業立ち上げのために外部から人材を招へいする(採用する)ケースも見られます。その場合、事業開発のスキルとしては申し分ないものの、社内のリソースを知らなかったり社内政治の手順を知らないなどで失敗した、というケースも聞きます。つまり、新規事業の成功は、事業開発のスキルだけではない、ということです。
(そういう方はスキルがあるので、肌に合わないと思うと簡単にやめてしまう、ということもあります。)

ということで、統計を取ったわけではありませんが、30代前半くらいが新規事業開発に携わるに一番いい時期ではないか、と思うわけですが、いかがでしょうか。

(とはいえ、リクルートさんやサイバーエージェントさんみたいな、新規事業が次々と生まれる企業だと、もっと若いうちからチャレンジさせた方が良いと思います。)

新規事業領域の決め方

シナプス後藤です。

我々シナプスでは、新規事業のコンサルティング支援を数多く行っています。
その際、論点の一つに上がるのが、「どの領域の事業テーマを取り上げるべきか?」というものです。

私は、「あらゆる領域に新規事業の種は存在している」が「領域によって可能性の多寡はある」という信念に近い仮説を持っています。一方で、市場の特性を考えると、潜在需要以上の市場規模は絶対に存在しない、ということも同様に信念に近い仮説として持っています。
したがって、新規事業の領域として選ぶ事業テーマは、
1) 十分に大きな潜在市場規模であり
2) 適度に自社の強みが生かせる
領域を選択すべし、と考えています。

◆1) 十分に大きな潜在市場規模とは?

私が説明によく利用させていただくのが次のサイトです。
http://visualizing.info/cr/market-size-map/domestic/#m=0&cv=0&cn=13369344&cx=52224&cr=10&l=0&f=0
同様に様々な出版社が出している産業地図なども参考にしますが、いずれも「大きな池はどこにあるか?」という観点で見ます。

例えば、1000億円くらいのビジネスを作りたいと思ったら、産業として大きなところを狙うのが基本になるでしょう。ですので、上記のサイトの「文字が読めるくらいのサイズの産業」が一つのベンチマークになるわけです。
一方で、例えば、(アニメやアイドルなどの)フィギュア市場を狙おう、と考えると現時点で320億円程度(矢野経済研究所調べ)ですから、1000億円のビジネスを作るのが極めて難しいということになります。
矢野経済研究所 「オタク」市場に関する調査を実施(2016 年)
https://www.yano.co.jp/press/pdf/1628.pdf

まず、新規事業としていくらくらいの売り上げが必要なのかがわかると採りうる選択肢が見えてきます。
なお、私の肌感覚申し上げると、一部上場クラスの企業ですとおおむね売上規模で100億円以上程度を期待することが多いようですが、100億円以上の事業となると「まず市場規模を考える」というところから始めないと、領域の選択はうまくいかないでしょう。
一方で、10億円程度でOK、ということであれば、なんでもよいと言うわけではありませんが幅広い選択肢が存在します。
既存の産業が存在しない事業アイデアももちろん存在するでしょう。その場合は、ユーザ数×単価、という基本的な算数を利用することが多いです。
例えば、四半期で4-5000万台販売するiPhoneのユーザがターゲットで幅広いユーザが利用することが想定される場合、1億人程度のユーザ数が期待できます。一人100円ずつ利用するとそれだけで100億円ビジネスになるわけです。
(実際はiPhoneユーザ1人当たり100円という皮算用をすると相当痛い目を見ますが、仮定の計算と思ってみてください。)


◆2) 適度に自社の強みが生かせる領域とは?

一方で、自社の強みが生かせるか、という点です。
私は、「頑張ればNo.1になれる領域」を目安にしています。

この観点は、過去にその企業がどの程度新規事業に取り組んできているか、によって若干異なりますが、ほとんどの企業は「概ね期待できる事業分野には拡大してきた」のが実情でしょう。
つまり、自社の強みが生かせる魅力的な領域は、もう何等か取り組んでいるはずでうまくいっていないのであれば、致命的な問題点がある、はずなのです。よって、「自社の強みが生かせる魅力的な領域」はもう残っていない、ぱっと考えても出てこない、ということを前提にしています。

ところが、社内で新規事業のアイデア出しをしようとすると、その会社の強みから逃れられない方が非常に多いのも事実です。
なぜか?
強みを使う発想は楽なのです。例えば、郵便や新聞にかかわるビジネスモデルを考えると、「郵便局」や「新聞販売店」を利用しようという話が出ます。
全国で、郵便局は約2.4万局、新聞販売店は約1.6万店あります。1店舗100万円売り上げると、それだけで、100億円ビジネスを越えてしまうわけです。(これまた甘い皮算用なわけですが。)
また、「わが社にはこんな技術がある」ということもアイデアの立脚点です。特にメーカーの場合、技術の強みの立脚点がありますので、その技術を活用するだけで競争優位が自然に築きやすいのです。

ところが、簡単にできそうなものは当たり前ですが、過去に検討され、実際にチャレンジされて(往々にして致命的な問題があり失敗して)いますので、すでに良い領域など残っていないのです。それでも、「わが社の強みが生きるところ」を一生懸命探したくなりますが、そこから新しいものが出てくる確率は極めて低いです。

もともと、企業の強みというのは、0から立ち上げた事業を徐々にそのビジネスで利益が出るように積み重ねてきたものです。長い年月をかけて「強みにしてきた」ということです。言い換えれば、「強みは作るもの」と考えた方が健全なのです。
ただ、大きな会社であれば、既存の資産がありますので、その強みを作りきるのに他社が行うよりもうまくできるケースは往々にしてあります。
つまり、「今は弱いかもしれないが、他社よりも一生懸命投資をし続ければ、No.1になれる領域」であればよいわけです。

なお、私がワークショップのファシリテーターをやる場合、参加者の皆さんには、「皆さんの会社の強みが生きないところを探してください」という言い方をします。これくらいの言い方をすると、ちょうど「No.1になれる領域」に行きつくことが多いようです。


◆その他

上記の2点以外にセオリーとして、変化の大きい業界や成長市場を選択せよ、規制産業を狙え、「不」の大きな市場を探せ、等ありますが、これらも市場の大きさの一要素としてみておくとよいかもしれません。

さて、この領域選択に関しては、多くの場合、次の二つの問いが発せられることが多いようですので、回答しておきます。
 嶌上がっているテーマ以外にもっと魅力的なテーマが存在するのではないか?」
◆屬匹海泙納社の強みが生きるテーマを選ぶべきなのか?」


 嶌上がっているテーマ以外にもっと魅力的なテーマが存在するのではないか?」

はい、おそらく存在します。
でも見つからないかもしれません。

これは、一般に「青い鳥症候群」と呼ばれるものの一つでしょう。
時間も資源も有限なので、その魅力的なテーマを発見しようとしている間に、今目の前にあるテーマに取り組んで置いた方が確実に結果が出ると考えます。
ですので、新規事業のテーマ設定はトーナメント方式ではなく「足きり」と考えた方が良いのですよね。ある一定上の魅力があればやるし、そうでなければやらない。あくまでもポートフォリオ投資と同じ感覚で見ておくのが妥当と思います。


◆屬匹海泙納社の強みが生きるテーマを選ぶべきなのか?」

強みは作るもの、あまり「自社の強み」を意識しすぎない方が良いでしょう。

上述通り、「本当に強みが生きるところ」はほとんど残されていないと思うのが自然かと思います。また、本当に強みが生きるところは、新規事業というよりも、顧客開発か新商品開発と呼ばれる領域になることがほとんどです。
ですので、事業として新たに立ち上げたいと思うのであれば、投資することでNo.1にしていく、という考え方をされるのが現実的ではないかと思います。

とはいえ、まったく土地勘のない領域は、同じく難しいと思いますので、あくまでも「頑張ればNo.1になれる」くらいの距離感が理想ですね。


livedoor プロフィール

cybersynapse

シナプスマーケティングカレッジでは、時代を勝ち抜く必須スキルをご提供しています。
卒業生3013人の約95%が満足と応えた!
コンサルティング会社が提供する「体感ラーニング!」で、あなたの目標を是非実現させてください!

今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud