シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

カレッジ:問題解決スキル

分かりやすい提案の流れ:フローレンス駒崎さんのエントリーから

シナプス後藤です。

分かりやすい提案とはどうあるべきでしょうか?
難しい問題であればある程、「こういう問題がある!」という問題指摘で終わってしまう事が多いですが、相手を動かすためには「こうしたら良い」という提案までが必要ですよね。

提案の流れとして、
◆問題の定義
◆問題点の分析
◆原因の分析
◆解決策の提案
の4つのステップがあると分かりやすいです。

駒崎さんは、病児保育のNPOフローレンスの代表をされています。直接は存じ上げないのですが、彼のエントリーなどを拝見していると、「保育」という難しい領域に対していつも分かりやすい提案をされているので、非常に参考になるのですが、今回もとても分かりやすいです。
まずは、こちらのエントリーをご覧ください。

「保育園落ちた日本死ね」と叫んだ人に伝えたい、保育園が増えない理由


彼の文章は次の順番で構成されています。
◆問題の定義
 ネットで話題になったエントリーである「保育園落ちた日本死ね!!!」を取り上げて、「分かる、分かるよ。何が一億総活躍社会だよ、と。私活躍できないじゃん、と。その通り。」と続きます。そして、この問題は、エントリーした本人だけでなくそこに参加する人たち全員問題である、と提起します。

◆問題点の分析
 次に彼が書いているのが、「どういう問題構造なのか?」という点ですね。聞き手が疑問に思う点を上げ、「実は保育所数は劇的に増えてるけど、待機児童は減ってない」とデータを交えて伝えます。

 保育園や子育てのような所謂「正論」が通りやすい領域では、「**のために」で思考停止する罠で記載したような目的だけが掲げられて手段が正しくないケースがままあります。その多くは現状認識がなされていないままに感覚的に判断しているからで、上記のエントリーでも、国会議員の給料を減らしても「スズメの涙のお金しか出てきません」という記載もあります。

 ここでのポイントは事実を冷徹に確認しているところですね。

◆原因の分析
 問題解決には正しい原因分析が必要です。起こっている問題の原因を潰さなければ、対処療法で終わってしまいます。
 駒崎さんの主張の分かりやすさは、「なぜこうなのか?」が明快だと言う点も挙げられます。
 それが、【もっと保育所つくって、待機児童減らせば良いじゃん?】という指摘です。そして、3つの原因があると述べています。

 原因が明確になれば、打ち手の方針もある程度定まります。言い換えれば、以後の提案の納得感が全く異なるわけですね。

◆解決策の提案
 私が最も注目したいのはこの解決策の提案です。
多くの納得感のないエントリーは、
1) 分析が甘く、打ち手の妥当性が無い(という点は、上記で述べました)
か、
2) 問題提起に終わり、解決策が無い
のいずれかですが、このエントリーの良いところは、解決策が提案されており、しかも、個々人に出来るレベルに落としこまれている点です。【では、どうする?】で記載された流れです。


お気づきの方もいらっしゃると思いますが、駒崎さんの提案では、元々「日本死ね」というエントリーを書いた方の問題は解決しません。「子供を預かってくれる方法を提供して欲しい」というのが要求ですから、この方に対しては、私立の保育園の紹介や、ベビーシッターの紹介、と併せてお金の考え方等が必要でしょう。
ですが、元々駒崎さんが解決したい問題は、「日本は、子育てに対する予算配分が少なすぎる」であって、それを伝えたいのはblogの読者なわけです。だから、読み手一人ひとりが「なるほど」と思うような構成になっています。


感情に流されやすい領域だからこそ、理性的に正しい主張をする、リーズナブルな主張をする、ということが必要なのでしょう。

とても参考になりますね。


改めて、分かりやすい提案とは
◆問題の定義
◆問題点の分析
◆原因の分析
◆解決策の提案
の流れで組み立てられていると良いと思います。


分かりやすい提案のステップは問題解決スキル講座でご紹介しています
ロジカルシンキングによる問題解決スキルhttp://cyber-synapse.com/college/p_business/problem-solving.html

【動画まとめ】「質問力」@家弓正彦の仕事塾

こんにちわ、細井です。

2012年7月に開催した「質問力」のセミナー内容を
まとめましたので、共有します。

商談の際など、「うまく顧客のニーズが聞き出せない」
そんな悩みをお持ちの方はご覧くださいませ。


質問力1_イントロダクション_家弓正彦の仕事塾


質問力2_メインイシューと論点構造化_家弓正彦の仕事塾


質問力3_仮説構築_家弓正彦の仕事塾


質問力4_質問シナリオ_家弓正彦の仕事塾


質問力5_ラポールとモチベーション_家弓正彦の仕事塾


質問力6_質問の展開_家弓正彦の仕事塾


質問力7_仮説が危ういとき_家弓正彦の仕事塾



その他、過去にアップした【動画まとめ】

【動画まとめ】「仕事のプロセス革新」@家弓正彦の仕事塾

【動画まとめ】「営業の「頭脳」と「足腰」を科学する」@家弓正彦の仕事塾」

【動画まとめ】「個人と組織のマネジメント」@家弓正彦の仕事塾

【動画まとめ】「ソリューション提案力」@家弓正彦の仕事塾

【動画まとめ】「ドキュメンテーション(プレゼン準備編)」@家弓正彦の仕事塾

【動画まとめ】「プレゼンテーション2.0」@家弓正彦の仕事塾

【動画まとめ】「正しいOJTのススメ」@家弓正彦の仕事塾

【動画まとめ】「モチベーション理論」@家弓正彦の仕事塾


家弓正彦の仕事塾について知りたい方、最新の開催情報を知りたい方はこちらへ

論理的思考力


 最近、ポータブルスキルというものを耳にしました。
 内容は、どんな業種・職種にも通じる、共通で求められるスキル
 ということのようです。

 弊社では家弓正彦の仕事塾という、いわゆるポータブルスキル、
 ビジネススキルについてのセミナーを開催しておりますが、
 いろいろなコンテンツを作っているうちに痛感したのが、

〜〜家弓コメント〜〜〜 
 すべてのスキルの根底には「論理的思考力」が基盤となっている
 ということでした。

 どのテーマでも、分解して考える、因果関係を明らかにする、
 構成を考えるといった「論理的に考えるチカラ」が必要なんです。

 つまり、品質の高い仕事をするために、「論理思考力」の重要性を
 改めて痛感させられたわけです。
〜〜〜〜〜

論理的思考力、ロジカルシンキングという言葉はビジネスシーンで
 よく使われる言葉です。
 ただ、受講生の方などと話をしていて感じるのは、苦手意識を持っている方、
 難しいものだと思っている方が多いということです。

 しかし、実際には違うと思っています。

 「論理」とは考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立て。
                        (yahoo辞書より)

 つまり、これらを身につけることで、下記のような効果があります。
  1、思考の生産性が向上する
  2、思考ミスを防止することができる
  3、説得力が高まる

 難しいものというより、難しいものをどのように解きほぐし、整理して、
 シンプルに考えられるようにするか、というスキルだと私は思っています。
 また、ちゃんとした考え方を学べば、しっかり身に付くものだと思います。

 論理的思考力が身につくと、今抱えている問題にも今まで以上に
 効率的に対処できるようになると思います。

 もし、ロジカルシンキング・論理的思考力が苦手・課題だと
 思っている方がいたらぜひ弊社の「問題解決スキル講座」を
 ご受講いただきたいです。

 弊社の問題解決スキル講座では、実際ビジネスシーンで起きそうな事例を元に
 多くの演習を組み込んでおります。全4回の講座で論理的思考力を身につけ、
 問題をいかに解決していくかという手順とコツについて学んでいただきます。

----------
 ■時 間:19:00-21:30 (火)
 ■日 程:10/29 11/12 11/26 12/10 (全4回)
 ■会 場:T's銀座
 ■講 師:家弓 正彦
 ■URL↓
  http://www.cyber-synapse.com/college/course/lm/----------

お申込はこちらから「シナプス・マーケティング・カレッジ

問題解決スキル〜時々立ち戻ること〜

こんにちわ、

昨日、問題解決スキル講座を開講しました。

今期は少人数でほぼマンツーマンで弊社代表家弓と
受講生の間で学んで双方向コミュニケーションをとりながら、
講座を進めております。

今回は私もアテンドさせていただき、後ろで聞いたのですが、

講座を聞いているうちに、ふと気になったことがあり、
自分の実務に当てはめて考えてみた。

そうすると、今まで問題点だけれども、漠然としていたもの、
問題点だとあまり認識していなかったことがだんだん見えてきました。

やはり漠としていてはわからないことがある。

いかに分解するか?分解するときも仮説があると、効率があがる。

知識としては使っていましたが、業務に置き換えて
100%使っていなかったなと思いました。

今回、こういう形で再度インプットされたことが刺激になり、
いい形で業務に活かせそうです。

前に学んだから「知っている」ではなく、
「できているか」と考えることが大事ですね。

都度、定期的に振り返りができるようにしたいと思います。

星野リゾートの問題解決

先日、問題解決の講座について話をしました。

そうしていたら、そうそう前々号かな?日経ビジネスAssocieで
「最強の問題解決術」というのをやっていたのを思い出しました。

この雑誌の中でケースとして、実際の企業取り組みをCASEとしてあげて紹介していてなかなか面白かったです。

その中の1つのケース。

星野リゾートの軽井沢ブレストンコート復活への問題解決の話。

ブレストンコートには2つの教会(軽井沢高原教会と意思の教会)があり、
これが集客の強みだったそうです。

そのため、4,5年に1度顧客層を対象に
軽井沢高原協会の認知率を調査していたそうです。

2003年の秋に調査してみると、1999年の62%から39%に大幅ダウン
していることがわかったそうです。

問題点を軽井沢高原教会の認知率ダウンを問題として設定したわけです。

そこでその原因を探り始めたそうです。

記事では記載がないですが、この時点でホテルブレストンコートの
売上、客数はどうなっていたんでしょうかね?
もしかしたらダウン傾向にあって、その結果、

ホテルの売上┳客単価のダウン
         ┗客数のダウン━┳教会関連の客数
                     ┗教会関連でない客数
という分解から「教会関連の客数」のダウンが見られたのかもしれませんね。

話しを戻しまして、この認知率のダウンを問題点として特定して、
原因分析に入っていったそうです。

その中でブレスト、仮説検証ということを行っています。

認知率減少┳広告
     ┗広告以外┳軽井沢に ┳ライバル沖縄
             ┃訪れる前 ┃ の活動活発…
             ┃      ┃
             ┃      ┗軽井沢に
             ┃        あこがれない…
             ┃
             ┗軽井沢━━┳軽井沢に来ても
              訪れた後  ┃ 教会を見ない…
                      ┃
                      ┗軽井沢に来ても
                        アウトレットに
                        しかいかない…

上図のような因果関係を明らかにするロジックツリーをつくる。
そんな会議を4,5回繰り返したそうです。
そうして、要因の絞込み、原因別に対策を立てたそうです。

【考えた対策】
〃攬翅瑤任離ぅ戰鵐
軽井沢全体での広告
6飢颪慮学ルート確立
ぅ▲Ε肇譽奪箸妊船薀靴鯒曚

【見えてきた要因】
教会の顧客層である若い人の軽井沢に対するイメージが
「教会の街」から「アウトレットの街」に変わっている
というのが要因だと見えてきました。
そしてこの仮説を調査によって論証したそうです。
マーケティング的に言うと環境の変化があったわけですね。

実は私も、この顧客層の年齢だと思うのですが、
軽井沢からイメージするのは、
・アウトレット
・避暑地(皇族の方、テニス、セレブ)
といった感じでした。。。f^^)

しかしながら、意外とぶらりと教会をにきて
眺めて帰る方もいるということから、
「軽井沢=教会」イメージ強化のために
6飢颪慮学ルート確立
という対策に取り組んでいきます。

ぶらりと見て買える方をしっかりと教会内に誘致して、
AIDMAで言うと、
A(認知)している人をいかに
I(興味)、D(欲求)に持っていくかというところですね・
そこで教会を見てもらうためにどうするかを分解して考えていきます。

教会を見てもらえない問題として、

ゞ飢颪僕茲覆
 要因:駐車場に入れない。
∪个龍飢颪貌らない
 要因:挙式が入っていて見れない
7攬翅高原ホテル
 要因:目立たないため見過ごしてしまう
ぅ曠謄詁發貌らない
 要因:ホテルのラウンジは敷居が高い)
 
というのがあり、それぞれに対策を打っていったそうです。

_叱客専用の駐車場の確保
見学ツアーの告知(見学できる時間があることを告知)
C鷦崗譴妊泪奪廚渡し
ぜ禺圓任盖し擇貌ってこれるようなラウンジ新設

これらを実施することで、
2008年ブレストンコートのブライダル売上は昨年対比越えしたそうです。

前回ブログでも書きましたが、
全部が記事になっているわけではないので、
合致しないところもありますが、
前回書いた弊社の問題解決の流れと似ているように思います。

(1)問題点抽出の技術
   ・問題点はロジックツリーで分解して考える
   ・問題点抽出の切り口はアウトプットから、、、

(2)原因探求の技術
   ・原因は「一致法」と「差異法」で考える
   ・複雑な構造は、因果構造図を描いてみよう

(3)解決策立案の技術
   ・解決策もロジックツリーで分解して考える
   ・説得力のある「根拠」の示し方

実際、今回星野リゾートの軽井沢ブレストンコートが
ぶつかった問題と同じようなことが皆さんの近くでもあると思います。

こういう力を学ぶ⇒そして使って鍛える
そうすることでビジネスパーソンとしてのスキル、
発揮能力がさらにあがると思います。

ワタクシはこういうビジネスの裏側や取り組みストーリが大好きでして。。。
今後もなんかネタを見つけては書いていきたいと思います。

というわけで、問題解決スキル講座もよろしくです。

講座紹介:問題解決
申込みページ
livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud