シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

個人ブログ:hineno

Lazona(ラゾーナ)川崎

先日、会社帰りに友人と待ち合わせてラゾーナ川崎に行きました。9月28日にオープンしたばかりの施設なのでとってもキレイな外観。
10月5日にはキッザニアを有する「ららぽーと豊洲」もオープンしましたし、横浜港北でもららぽーとを建設中。三井不動産のショッピングモールは留まる所を知らない勢いですね。

駅の反対側にラ・チッタデッラがあり、今度はラゾーナ。駅近くで楽しめるスポットが増えたこともあってか(?)いつもより心なしか川崎駅の乗降客が多いように感じました。

つい最近も、横浜そごうのならびにできた、ベイクォーターに行ってきましたが、最近はレストランとセレクトショップを基本としたショッピングモールがどんどん増えていますね。

ラゾーナはスペインの建築家がデザインした大屋根の建物が目を惹きます。建物の長さが170mあるそうで、中庭(?)を取り囲むように配置されたウッドデッキを歩くととても広々としていて優雅な感じです。

この中庭と言ったのが広場になっていて、巨大モニターを有する「いわゆる広場」です。夜に行ったのでライトアップされていてとってもキレイでした。
このほかにも、最上階(5階?)の屋外部分には神社の様なものもあり、芝生の広場もありと、ゆったりした空間になっています。

こういったショッピングセンターは、それじたいが来場者に経験を提供するもので、第一印象が良いと何度でも足を運ぼうという気持ちになります。

グルメあり、ファッションあり、遊びありと、川崎での遊びの枠が広がりますね。中でも、個人的に興味を引かれたのがこの写真のゲーム(笑)。


ラゾーナも、ららぽーとも三井不動産が首都圏を中心に立て続けに展開している大型ショッピングセンターです。各施設とも、GMSに頼らないテナント選びで、不足している業態は自ら開発しているそうです。

地方の名店や新興店を発掘したり、自ら業態開発したりと、一見大変想ですが、そこには各ショッピングモールに「こだわりのコンセプト」があるのでしょう。
それぞれがどういうコンセプトなのか、じっくり考えてみようと思います。

固有情報というスイッチングコスト

携帯電話のナンバーポータビリティーが10月24日からスタートします。
以前は、「番号そのままでキャリアを変えられる」ということが業界のパワーバランスを変えるインパクトがあると見られていた時期もありました。しかし、実際にフタをあけてみると、他にも幾つものスイッチングコストがあって利用意向は1割程度とのことです。

「携帯電話が古くなったので買い換えたい!」との妻からの要請があって、週末に携帯ショップに行ってきました。「古い携帯でメールが使えない」、「電池の消耗が激しくなった」という理由です。

私自身の携帯電話は、今年の初めに変えたばかりだったのですが、変えた直後から『ワンセグ携帯にしておけば良かったなぁ・・・』と思っていたので、これは、良いチャンスとばかりに、自分の携帯も変えてしまおうと目論んだのですが。。。

携帯電話の人口普及率は75%超と、既に新規獲得が困難になってきている携帯電話市場では、キャリア各社が特色を出そうと差別化ポイントを絞り込んでいます。
トップを独走するNTTドコモはクレジット決済機能、auは音楽携帯、ソフトバンクはワンセグ。各社がそれぞれの差別化戦略を打ち出してきています。

私自身は、ドコモユーザーですが、携帯メールを今まではあまり使って居なかったので、「アクオス携帯」が欲しかったんです。
さすがに「番号が変わると面倒くさいなぁ」とは思っていましたが、私にとっては携帯番号が変わらなければ、キャリアを変えることに抵抗はありませんでした。つまり、最大のスイッチングコストは「電話番号」だったわけです。
彼女もメールは使っていないわけですから、何も問題はないだろうとばかりに、ソフトバンクに乗り換えちゃえという提案をしました。

そこに立ちはだかったのは、家族割、長期割などのコスト面。10年以上ドコモを使っているので、月額の割引が大きいんですね。私は気にもしていなかったのですが、家計を管理する彼女にしてみれば大問題。ということで、早々にドコモの携帯で落ち着き、10月24日を待たずに我が家の携帯ショップ訪問は終焉を迎えました。もちろん、私の携帯は以前のままです。。。

そういえば、先週の日経MJの記事に、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の利用意向についての調査結果が少し載っていました。

確かに、番号以外のスイッチングコストも高そうです。
みなさんは、ナンバーポータビリティを使いたいですか?

企業の社会貢献活動−CSR

空きビンや空き缶、弁当殻、発泡スチロール、プラスチックバックなどが海岸にはたくさん落ちています。
ほかにも、注射器や注射針が束になって捨てられていることも!テレビやネットで見たことがある人も居ると思いますが、本当に砂浜に捨ててあるんです。

今日は土曜日。朝から波もあり、天気もそこそこ。
7時頃から海で遊んでいたら、9時半頃にビーチクリーンが始まりました。

ボランティアの人がプラスチックバックを配り始めます。沖で波待ちしているサーファーにも、パドリングで知らせて回るボランティアの若いサーファーが居ます。スタートして10分位? とーーっても良い波が入っていても、波間に誰も居ない海。そして、サーファーが一斉にビーチクリーン活動に参加します。

一部、駐車場前では無視して(気づかない人も居るかもしれませんが)サーフィンを続けている人も居ます。でも、地元や常連の人はみーんな参加します。

思えば、こういう「社会奉仕活動」って、普段は強い意識を持っていない自分が居るなぁ、、、。

−−−以下、surfjamより引用−−−
このクリーンナップキャンペーンはアメリカ海洋自然センターの呼びかけで始まったもので世界70ヶ国位の参加があります。
日本では1990年に活動がはじまりクリーンナップ全国事務局(JEAN)が立ち上がりました。
−−−引用おわり−−−

Yahoo!で「ビーチクリーン」を検索すると約167,000件出てきます。Topは前述のJEANです。3位にはホンダのプレスインフォメーションが表示されました。
自社のリソースを活用したボランティア活動ですね。

最近はCSRに力を入れている企業が増えてきています。企業のリソースを活用して社会に貢献することは、多くの企業が取り組んでいることで、企業の社会的責任として益々重視されています。

しかし、企業としてはその活動を自社のビジネスに反映させていくことも重要です。誰にも知られずにボランティア活動ということではなく、それを広報活動を通じてしっかりと社会に伝えていく。その活動を評価されれば、自社のビジネスにもプラスとなり、そこで得た利得が再び社会貢献に反映される。

このようなサイクルを上手に作り出している企業を、やはり応援したくなりますね。

今日のビーチクリーン活動。時間にすれば実質30分位だと思いますが、サーファーが一斉にビーチのゴミを拾い集めれば、それだけの時間で、あの長ーいビーチからゴミがなくなります。


でも、ゴミをむやみに捨てないようにする方がずっと重要です。湘南海岸では、国道134号線からゴミを投げ捨てていく人もたくさんいます。それらのゴミが、海に流されて海生生物や鳥、延いては人にまで害を及ぼすことをもっと強く、すべての人が認識しなければ。。。。。

IKEA(イケア)港北店・横浜

2006年9月15日にイケア日本第二号店がオープンしました。
4月にオープンした船橋店の1.2倍に相当する4万8000万屬世修Δ任后
オープンから4日目でしたが、3連休ということもあって大盛況!店に辿り着くのも大変でした。
Carrefour(カルフール)やCOSTCO(コスコ)を彷彿させる「日本じゃない」世界で、時間の経つのも忘れて楽しめる店内でした。

横浜新道から第三京浜に入ると、既に港北インターまで大渋滞!「イケア港北店」が港北インターを下りて直ぐのところに在るため、高速道路の料金所から出られない程の大行列が出来ていました。イケア目当ての客は良いものの、関係の無いドライバーはお気の毒です。。。


駐車場も2000台収容できるのですが、既にインターを超えて遥か彼方から長蛇の列。しかたなく臨時駐車場に行くことにしました。といっても、臨時駐車場は店から3km近くも離れた所。シャトルバスはあるものの、大渋滞も手伝ってバスが1時間待ちとの事でした。仕方なく、大雨の中「IKEA港北店」まで30分強の散歩(?)。でも、バスに抜かれることも無く結果的に歩いて正解でした(^^;)

「さぁ、店に入ろう!」と思ったら、なっ、なんと入場制限中!!!!!皆さん、雨の中ご苦労さまです。。。。。


並びながら、コンビニで購入したサンドイッチでお昼ご飯。並んでいる最中は、スタッフの人が「うちわ」と「ハンカチタオル」を配ってくれていました。(もちろん、店のロゴ入りオープン記念品)
そういえば、大阪万博の時にかの松下幸之助翁は、松下のパビリオンに入るために炎天下に並んでいるお客様の列に共に並び、2時間後に入り口に着いた時に、来場するお客様のために紙の帽子を配るようにスタッフに指示したという話を思い出しました。
(今日は、残念ながら「むしろ寒かった」ですが、暑い日だったら嬉しいでしょうね。)

しかし、30分位並んだか?意外と早く店内には入れました。

店内は、メインの順路が明示されていて解りやすい!案内図もあり、順路に沿って歩けば一通り全てのコーナーを見て回れるしくみになっています。2階から1階へ、いかにもホールセラーっぽい天井むき出しの広いフロアには、インテリアや雑貨が山の様に積まれています。
インテリアコーナーは、部屋をイメージしたブース毎に展示してあり、「この部屋の家具全部で99,800円!」などの表示が、、、、とても安い!

店員も、日本人、外国人共にとっても親切で、忙しい中でも声を掛けると笑顔で案内をしてくれました。広い店内を回るのに2時間近くかかり、1階のセルフサービスコーナーでお目当ての家具を棚から出します。セルフサービスにして人件費を削減することで安く提供しているといいますが、それでもセルフサービスコーナーにはスタッフが他のフロアよりもたくさん居た様です。


建物も、店内も、レジも、駐車場も、何もかも巨大なインテリアショップ「IKEA」
海外の店舗をそのまま日本にインストールする例が増える中、カルフールは業績の悪化からフランス本社が撤退しています。(イオンが買収)

熱烈なファンも多いIKEAさんだけに、オープン熱が冷めた後も、日本人に向けた店づくりで常に巨大な店舗を賑わせていて欲しいと思いました。
livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud