シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

個人ブログ:紅子

謎のセール

先日、最寄り駅の駅ビルに入っているコーヒー豆と輸入食材を売っている店が、突然セールを行っていました。
店内商品は全品10%OFF、コーヒー豆に限っては対象外を除いて全て半額。
それも、水・木・金・土の4日間だけ。
おかげでこの4日間、この店の周囲だけ異様な盛り上がりを見せていました。

店舗限定の「セール」

しかし、何故この店舗だけセールだったのか?
同じ店が通勤途中の乗換駅の駅ビルにもあるのですが、そこでは通常通りでした。
全店あげてのセールであれば、決算前なのかな〜?とか考えられたりもするのですが、特に「決算棚卸」などと言う振れもなく、また「出店○周年記念セール」でもなく、非常に不可思議に思いつつも、「安売り」に魅力を感じずにはいられない我が夫と私は、結局毎週末ハマっているコーヒー豆をしこたま買い込んでしまいました。
もちろん他にもやれオリーブオイルだ何だと、あれこれ買い込んだのですが・・・。
未だにセールのわけがわかりません。
まあ、ほしかったものがいつもより安く買えたので「いいっか」と言う気分にはなっているのですが、気になるところではあります。
こう言った場合、どのような背景があるのか非常に興味を引くところですが、知恵のない私には思いつかず・・・、きーっ、歯がゆい・・・。

しかし・・・、買い込んでから「このコーヒー豆をどう保存したらよいものやら・・・」と言う難問にぶち当たっています。
コーヒー豆は鮮度が命。封を開けていないからまだよいようなものの、酸化してしまえば風味も味もすぐさま落ちてしまいます。
やっぱりひとつずつジップつきのビニールに入れて冷凍庫保存かなあ・・・、でも冷凍庫に入りきれるか・・・、と、凝り性の我が夫はあれこれ思い悩んでいるようですが、開封していないなら冷暗所に保存で大丈夫なんじゃなーい?と私はかなり楽観的です。
が、確かに密封してあるとは言え、コーヒーのあのいい香りが袋から香ってきているのは確かなので、内心私も心配な所です。
おいしいうちに飲むのが一番なのでしょうが・・・。

ところで、我が家は毎朝インスタントコーヒーで済ませているのですが、買い込んだ豆を早く飲みたくて、今使いかけの豆をさばくべく、週末は朝から豆を挽いて入れたコーヒーを飲んだのですが、・・・やはりうまいっ!!!
こんな事を言っては毎朝世話になっているインスタントコーヒーさんに申し訳がないのですが、やっぱり挽きたての豆をその場で落としたコーヒーの味は当たり前のことですが、非常においしいです。
何だかとてもゆとりと言うか、余裕と言うか、そんなものを感じた週末でございました。

人として

何だかこんな事をブツブツ言うと古臭いと言われてしまうかも知れませんが、挨拶が出来ない、「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない、相手を思いやれない、そんな人が増えているように感じます。

駅で人の事を突き飛ばしても謝りもしないオヤジ、平気で列にズル込みするばあさん、頂き物をしたり誰かに何かしてもらったりしても「ありがとう」を言わないどこかの「偉い人」。
どれだけ長く生きていようが、どれだけ偉かろうが、やっていいことといけないことに「立場上の例外」なんてものは存在しないと私は思います。
結局そう言う事を何の違和感もなくできてしまう人は、自分以外の人の気持ちなん考えたりしないのでしょう。
「自分大好き」「自分大事」はその人その人の勝手だけれど、いくら自分が大好きで大事でも、経験のない幼児ではないのだから我慢する事や相手の立場になってみる事ぐらい、それなりに出来なくて「大人」とか「偉い」とか言えやしないと思うのです。
家も会社も学校も、自分ひとりで成り立っている訳ではないし、自分ひとりだけでつくり上げた世界でもない。
周りに人がいるからこそ、成り立つ環境だと思います。
支え合って助け合って、つくり上げて来たはずです。
お互いが優しい前向きな気持ちをもって接すれば、とげとげした雰囲気も攻撃的な気持ちで自分を防御しなくても済むと思うのです。
誰が自分より上とか下とか、そんな小さい事に目くじらを立てるからつまらないいざこざが起きてしまうし、又聞きしただけの情報を鵜呑みにして反感を持ったり、誰を味方につけて誰を攻撃するなんて言う貧相な発想が浮かんでしまったりする。
勝手にランクをつけるなんて、考えてみれば失礼な話ですよね、ランクをつける当の本人も同じ「人」なのに。
「偉いから」と勝手な自負でふんずり返って上から見下すような態度をしているような大人がいるから、それをマネした子供が大きくなって同じようにふんずり返る。
恥ずかしい話です・・・。
己を律する事の出来る大人でありたいと、私は心からそう思います。

主婦の不安

この所の「餃子毒物混入事件」は、主婦である私にとっても非常に深刻な問題です。
さすがに先日買い物に行ったときには、冷凍食品に手が伸びませんでした。

私は、実はあまりメインのおかずに・・・と言うつもりで冷凍食品を買ったことはないのですが、我が夫が「飲み会で遅くなる」など自分の分だけ晩御飯作るのも何だか面倒だし・・・と言う時のために、「鶏の唐揚げ・お徳用パック」などなどを冷凍庫に常備しています。
我が夫がお弁当を持っていくようになってから、冷凍食品には何かと助けられています。
ちょっと付け合せが足りないとか、隙間が・・・なんて時に、自然解凍できるきんぴらとか胡麻和えとか、本当に助かっていたのですが・・・、この騒ぎのおかげでそんな付け合せものでもつい心配になってしまいます。
一体あんな物騒なものがどこで、どのタイミングで入ってしまったのか、本当に不思議です。
そして、事が起きた時の対応も・・・。
「運が悪かった」と言うか「タイミングが悪かった」と言うのがわからないわけでもないのですが・・・。
ちょっと危機感がなさすぎと言うか、無責任と言うか・・・。
その時はそれ程深刻ではないと思えるようなことも、とんでもない事態に発展する事もある。
何でも深刻に考えればよいと言う訳ではないけれど、あまり楽観視しすぎるのも少々問題なのかも知れません。
たとえ大騒ぎして大事に至らなかったとしても、私はむしろそれぐらいの方がいいような気がします。
だって、今回の渦中のものは私達が口に入れる「食品」で、それはつまり今回の当事者やその当事者の家族、大事な人の口にも入るかも知れないものでもあるのですから。

それにしても、誰が本当のことを言っていないのか、気になるところです。
その場は上手く通り抜けられても、必ず何倍にもなって自分に返ってくると私は思います。
早く本当のことを正直に言って、二度とこんな事が起きないよう、誠実な対応をして頂きたいものです。

しかし・・・、何なら信用してよいのか・・・、台所を預かる主婦としては本当に不安な所です。

「ゴミ」について思うこと

ゴミって、毎日たくさん出ますよね。
お金もこれくらい貯まってくれたら・・・と、毎日のように思います。
ところで、「これって・・・」といつも素朴な疑問にかられるものがあります。

それは、自宅のポストに毎日必ず2,3枚は入っている「ポスティングチラシ」。
正直言うと、あれをみるたびムッとします。「ゴミを増やしやがって」と。
これは「資源を無駄にして!!」と言うより「ヒトんちのゴミを増やしやがって」と言う方に腹を立てるのですが、本来ならば前者の「無駄」に腹を立てるのが筋なんですよね。
あの手のチラシを熟読する事は、私は殆どありません。
(近所に出来た中華料理店のメニューなんかはしっかりチェックしますが・・・。)
私が住んでいるエリアでは、入ってくるのはほとんどが美容院かマンションの広告。
美容院はもう20年以上付き合いのある行き着けがあるし、マンションは、こう言っては何ですが我がマンションは立地だけは非常によいので今の所引っ越すつもりもなく、どちらも私には不必要なもの。
よく、ポストの上にそのまま置き去りにしたり丸めて捨ててあったりするのを見かけますが、こうやってゴミになるのだから、必要ないと感じているのは私だけではないようです。
こんな光景をみると、どうしてもこのポスティングチラシがどれだけ売上に貢献している有意義なものなのか、個人的に疑問を持ってしまいます。
トイレットペーパーが値上がりしているここ最近の状況下で、かたやこうしてゴミ箱へ直行される「紙」がある。
何だか矛盾しているような・・・。
原油高の影響で何でも値上がりしていると言うのに、これは「無駄遣い」ではないのだろうか??

正月の災難

あけましておめでとうございます。
昨年も私のしょうもないブログをご覧頂き、ありがとうございました。
今年もゆるゆるで参りたいと思いますので、引き続きお付き合い下さいませ。

さてさて、お正月はいかがでしたか?
私は、正直言うと実はあまりよいスタートとはいえませんでした。
毎年恒例の地元の某百貨店の初売りではすっかり出遅れ意気消沈、よそで挽回しようと思ったのですが気分が盛り上がらず結局「見てるだけ〜」で終わり、唯一の収穫と言えば有名コーヒーショップの福袋ぐらいでしょうか。
それも開けてみたら入っていたコーヒー豆は去年と同じ銘柄・・・。つまらない・・・。
しかしそんな中でも我が夫はタンブラーと乗り物で使うようなエアー枕をゲットしそこそこ満足、私は・・・と言うと「ウサギの着ぐるみを着ているクマ」のぬいぐるみが収穫・・・でした。
そして極めつけは、実家へ向かう途中、何かが空から降ってきて背中をかすっていったような感覚を覚え我が夫に見てもらったところ、なんと鳥のフンが・・・。
実家は川べりなので、冬になると海鳥系の鳥達が保養(?)に訪れ、近辺の電線にはそいつらがわらわらとたむろして、路面は奴らの落し物で真っ白状態になります。
目の前に落下した事もある程の危険地帯なので気をつけてはいたのですが、こればかりは事前の予測も出来ず・・・。
ひどい年明けです。
まあ、そうは言っても今年は始まったばかり。
気を取り直して、地道に過ごそうと思います。

livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud