シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

マーケティング:業界・企業・店舗・商品

日経MJヒット商品番付2016

シナプス後藤です。

今年も日経MJ ヒット商品番付の時期になりました。
2016年版ですね。

日本経済新聞:ヒット商品番付、横綱は「ポケモンGO」と「君の名は。」

【日経MJヒット商品番付2016】

■東
横綱:ポケモンGO
大関:シン・ゴジラ
張出大関:ピコ太郎(PPAP)
関脇:日産自動車「セレナ」
小結:大谷翔平
前頭:トランプ現象、低価格消費、メルカリ(フリマアプリ)、フィンテック、アイコス(次世代タバコ)

■西
横綱:君の名は。
大関:AI
張出大関:リオ五輪
関脇:プレイステーションVR
小結:広島
前頭:小池百合子改革、インスタ映え消費、SNOW(自撮りアプリ)、民泊、ダイソン「スーパーソニック」


今年は邦画2本が話題になりました。新海誠監督のアニメ「君の名は。」と庵野秀明監督の特撮映画「シン・ゴジラ」です。庵野監督も元々はエヴァンゲリオン等、アニメ中心に活動されていた方ですので、エンターテイメントとしてのアニメが存在感を増していると言う事なのかもしれませんね。
また、ポケモンGOやAI等は、IT・ICTの新たな可能性を提示したと言う意味で非常に面白い内容だったと思います。

個人的にはトランプ現象の行方は経済に大きく影響しそうで気になっています。brexitと併せて先進国にいる個々人の意識が変化しているのだと思います。

スポーツ分野では、プロ野球がフォーカスされているようですね。近年、サッカーがワールドカップ予選の日本代表戦もあまり注目されなくなってきている印象ですが、地元にファンがいる広島のようなチームは盛り上がりますね。
Bリーグも立ちあがりましたが、ヒット商品と言う意味ではもう一歩と言うところでしょうか。

皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2016 上半期
日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

SMAPの解散はつまりプロダクトの成長限界ということでは

シナプス後藤です。

お盆休みの真っただ中の方も多いと思いますが、「SMAPが解散」というニュースが飛び交っていて、今もラジオでSMAPの曲をかけまくっています。
SMAPは年齢でいうと、私と同世代なので、多分高校生くらい、夢がモリモリくらいからずっと、同世代のアイドルがテレビに出ていてそれを眺めているという、そんな時代背景を私も生きてきました。

SMAPの登場で、アイドルがドラマもバラエティもいろいろやる、と言うように変化してきました。その後、ジャニーズはこの路線を踏襲してきたわけですが、今では、嵐が大人気ですね。

メンバー同士の不仲説や女性マネジャーの問題、その他色々なネタ、組織論、リーダーシップ論、生き様論などあるようですが、個人的な見解、マーケティングな見方では、SMAPというプロダクト(製品)に限界がきた、と言うことなのだろうと考えています。

製品の基本理論としてプロダクトライフサイクル(PLC:Product Life Cycle)、という考え方があります。様々な製品は、導入期−成長期−成熟期−衰退期、という流れを経ると言うものです。製品特性により差はあり、必ずしも全ての製品にあてはまるわけではありませんが、概ねこの傾向がある、と言われています。

mblog:プロダクトライフサイクル
※参考:PLCはイノベーター理論が背景にあると言われます。こちらも併せてご参考まで。
mblog:イノベーター理論

プロダクトライフサイクルを知ることで、いつどの程度投資の判断が出来ます。投資が必要なのは導入期から成長期、成熟期になると徐々に投資を減らし、衰退期は刈り取りを行う、と言う考え方です。背景には市場の成長性が影響しており、市場が成長している時には投資に対するリターンが大きいのですが、成長性が低くなる=成熟期になると投資してもその後のリターンに限りがあり業界順位の変動も少ないため、投資を抑制していくわけです。成熟期の後半〜衰退期にかけてはこれ以上の投資はリターンを生まないため、刈り取り戦略、つまり投資せず利益だけを得ていくいわゆる「金のなる木」に位置付けます。

さて、SMAPはこのプロダクトライフサイクルで言えば、成熟期の後半くらい、まだ稼げますが、徐々に衰退していく、という地点にいたのではないかと想像します。
ジャニーズ社としては金のなる木は投資せずにカネを稼ぐ、という点でまだまだ利益が見込めたと思いますが、積極投資には至らない。
だから、辞める、解散する、と言われると「何としても止める」という努力にも限界があります。

一方、メンバーも今のやり方にはどこかに限界を感じていたのではないかと思います。成長スピードが昔ほどに感じられない。シェイクやセロリを歌っていた頃のどこまでも伸びていく感が多分ないのでしょう。
経営的に見れば、金のなる木であればそのままならせておく、もし新たな成長を期待するなら、製品にテコ入れして新市場を取りに行く、という二択になりますが、ジャニーズ社から見れば、投資するなら嵐やHey!Say!JUMPの方がよっぽどROIは高いので、頑張ってテコ入れする必然が弱いわけです。

SMAPメンバーにしたらそれでは困るわけですが、自分たちから成長の可能性を示せなかった、ということでもあろうかと思います。
個々の感情面から見れば色々な考え方はありますが、製品としてSMAPにまだまだ大きな可能性を感じていれば追加投資も十分あったわけで、だからこそメンバー個々人としてみれば、「SMAP」というフォーマットにこだわる必要はないのかな、と思います。

つまり、これからは個々人(中居、木村、稲垣、草なぎ、香取)を商材と見て、SMAPの派生ブランドとして伸ばしましょうと。ジャニーズ社からすれば、5つの派生ブランドでポートフォリオが組めない、というのは残念かもしれませんが、彼らには新たな大きなチャンスがあるのだと思います。

日経MJヒット商品番付2016 上半期

シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2016上期が発表されました。

【日経MJヒット商品番付2016上期】

■東
横綱:安値ミクス
大関:バスタ新宿
関脇:民泊
小結:北の新幹線
前頭:スター・ウォーズ、新型プリウス、SMAP騒動、LSPX-P1、グッジョバ!!、嫌われる勇気、スカーチョ/スカンツ、写ルンです、AbemaTV、藤田菜七子、47都道府県の一番搾り、BABY METAL、大名古屋ビルジング、トップ スーパーNANOX

■西
横綱:マイナス金利特需
大関:伊勢志摩・広島
関脇:AI(人工知能)
小結:京都鉄道博物館
前頭:若沖展、カップヌードルリッチ、おそ松さん、ドヤ家電、ザ・フライング・ダイナソー、おやすみロジャー 魔法のぐっすり絵本、チープカシオ、翔んで埼玉、焦点、宇良、次世代たばこ、ディーン・フジオカ、VR ZONE Project i can、東京防災

殊勲賞:岡崎慎司
敢闘賞:社外取締役
技能賞:PERFECT HUMAN
流行語賞:ゲス不倫
残念賞:「しくじり」な人々(舛添要一都知事、ショーンK・・・

改めて見直してみると、アベノミクスで景気が良くなりましたが、結果的には徐々に景気のペースが落ち、デフレ経済下と同様、低価格品が求められるようになってきています。両横綱はいずれも景気関連、経済動向が与えるインパクトは大きいと言う事でしょう。一方で、IT関連では、AIやVR、Sonyの新しいプロジェクタ(LSPX-P1)など、相変わらず進化しているのも特徴ですね。
今回、とうとうスマートフォン関連(端末やアプリ)が入らなくなりました。iPhone発売が2007年ですが、10年程経ってようやく「普通」になって来たという事なのかもしれません。

皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

日経MJヒット商品番付2015

シナプス後藤です。

今年も日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の時期になりました。

【日経MJヒット商品番付2015】

■東
横綱:北陸新幹線
大関:火花
張出大関:ハロウィーン・フィーバー
関脇:成田LCCターミナル
小結:ガウチョパンツ
前頭:夏の甲子園、SIMフリースマホ、アップルウォッチ、明治プロビオヨーグルトPA-3、ドローン、イートイン、インスタグラム、福山婚、Airbnb、ワンダーメイク、プロテカ 360、スプラトゥーン、塩パン、あさが来た

■西
横綱:ラグビー桜ジャパン
大関:定額配信
張出大関:肉食ブーム
関脇:12の神薬
小結:コンビニドーナツ
前頭:修造カレンダー、郵政3社株、デルガード、バルミューダ ザ・トースター、ペッパー、クラフトビール、蔦屋家電、さよなら詣で、LGBT、ロング丈、好きレット、ちゃんりおメーカー、青天の霹靂、下町ロケット

殊勲賞:山田哲人、柳田悠岐両選手(トリプルスリー)
敢闘賞:メルセデス・ベンツ
技能賞:MRJ
流行語賞:「安心してください」
残念賞:五輪エンブレム


今年のキーワードは、「横綱相撲」と「番狂わせ」だそうです。東はJR東日本の北陸新幹線が盤石の横綱相撲でしたね。先日、出張で群馬方面に行く機会がありたまたま乗った新幹線が金沢まで行くものでしたので、凄く混んでいてびっくりしました。
一方、番狂わせはラグビー桜ジャパンですね。五郎丸選手のポーズが一躍有名になりましたが、それだけでなくラグビーの認知度が急に上がりました。

インバウンド重要が相変わらず堅調なこともあり、旅行関連は幾つか入っているようです。北陸新幹線は勿論の事、成田LCCターミナルや、12の神薬、Airbnbがそれに該当します。
個人的にはコンビニドーナツ、ドローン、ペッパー辺りが気になりますね。どれも世の中を大きく変える可能性を秘めたものです。
コンビニドーナツは、コンビニの存在感をとても強めました。ドローン、ペッパーはこれが流行るようになると大きく世の中は変わるだろうな、と予感させるものです。ドローンはもし犯罪に利用されるような事があると色々と問題になりそうですが、法律が間に合わないのでかなりリスクの高い製品だと思っています。ただ、一方で使い方次第では大きく世の中が便利になる可能性も秘めており、まさに人類は道具の使い方に倫理観を求められていると言う事でしょう。
ペッパーの凄さはコミュニケーションに特化していると言う事でしょう。だから足などの駆動部分には投資しない、というスタンスを取っています。結局、ロボットが人間らしくなるためには見た目や機能の問題ではなく、コミュニケーション力が重要である。ということを示したものです。

今後も、ロボットがらみ、人工知能がらみはまだまだ出てきそうな気がします。機械学習によるデータベース分析も流行っている事ですし、いよいよ人類はSFの世界に突入しているのかもしれません。

皆さんはどのような感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

保育士の年収が低いのは環境変化に対する制度疲労が原因

シナプス後藤です。

病児保育のNPOフローレンスを立ち上げられた駒崎さんが「保育士の給与はなぜ安いか」というエントリーを書かれていました。

 保育所の収入は「公定価格」と言って、補助金によって成り立っています。世帯収入がない人は保育料を払わないで良く、補助金でカバーされ、世帯収入が高い家庭はそれなりに(ただし上限がある)払ってもらう仕組みです。

 なぜなら、保育所は福祉施設であり、教育と同様貧富の差に関係なく利用できるようにするためです。オプションとしてお金を取ることも制限されています。なぜなら、「お金をもっとくれれば、もっと良い保育をしてあげるよ」となると、貧富の差なく受けられる保育という原則から外れるためです。

 さて、そうした仕組みがゆえに、保育所の収入額は決まってしまいます。一方支出の7〜8割は人件費です。
利益率が高ければ保育士給与の増額も可能ですが、税金で行う事業ゆえに、過大な利益は宜しくないということで、利益額はどんなに頑張っても一定程度しかでません。

 よって、保育士給与は低いままになります。

http://www.komazaki.net/activity/2015/11/004721.html

これは難しい問題ですね。
保育所(保育園)は厚労省管轄ですが、もともとは、「共働きにしないと生計が成り立たない家庭向けの施策」でした。(幼稚園は文科省管轄で「教育」の一環で、制度設計も全く異なっていると思います。)

そのため、保育所は国によってサービス価格が決められています。保育所ビジネスは預ける子供の人数に比例して保育士が必要な労働集約的なビジネスです。従って、サービス価格が決められてしまうと、ほぼ自動的に保育士の年収が決定付けられます。
制度上、世帯年収によって支払う保育額が変化します(当然、世帯年収が高い方が支払う額も高い)が、保育所には国の補助金を補てんして支払われるため、保育所側の収入は同じです。

ところが、今、安部政権が「一億人総活躍」と言っている通り、女性活躍が社会的に求められているし、女性のかなりの割合が専業主婦ではなく、やりがいを求めて働き続けたいと思ってきているのが現状でしょう。つまり、今保育園を必要としているのは、「共働きにしないと生計が成り立たない家庭」ではなく、「そこそこ稼げる世帯年収が高い家庭」です。特に、安部政権が期待しているのは経済活性化、GDP拡大ですから、誤解を恐れずに書けばむしろ年収の高い人ほど共働きになって欲しいわけです。

上記は認可された保育所だけに適用されるルールで、無認可のところは上記の限りではありません。以前の無認可保育所は「国が定める条件を満たせない劣悪な環境」のイメージがありましたが、最近ではサービスレベルが高い(その分価格も高い)ところも出てきており、多少の生態系は生まれているようです。しかしながら、認可された保育所は国の補助金が出るためかなり安価でサービス提供されるため、ほとんどの方が入れるなら認可保育所を選択します。認可保育所も場所によってサービスレベルはまちまちなのでしょうが、それでも価格が安いというのは大きく、市場形成の前提になっています。

駒崎さんは、助成金をもっと入れろ、という主張をされていますが、それも一つの選択肢かと思います。
私は誤解を恐れずに言えば、市場原理をもう少し持ち込んで、人気のあるところは高く、ないところは安くなっても良いのではないかな、と思います。産業としての魅力を感じられず、保育園が増えない、保育士が増えない、と言う事だと本末転倒です。

この辺は感情論が先行する分野になりがちなだけに難しいですが、いずれにしても、環境が大きく変化しているので、制度設計の考え方そのものを変えるべきではないかと思います。
livedoor プロフィール

cybersynapse

シナプスマーケティングカレッジでは、時代を勝ち抜く必須スキルをご提供しています。
卒業生3013人の約95%が満足と応えた!
コンサルティング会社が提供する「体感ラーニング!」で、あなたの目標を是非実現させてください!

今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud