ブログネタ
マーケティング に参加中!
「マーケティングを実践で使おうとすると
 なかなか100%使いきるのが難しい。」

今までマーケティングを本や講座で学んで方の中には
そんな風に思われた方がいらっしゃるのではないでしょうか?

マーケティングの基礎の部分をやると、いろいろな企業の戦略やビジネスモデルに
興味を持てたり、理解できるようになります。

そうすると、営業や相談を受けた時、はたまたニュースを見てときに
思考や話を膨らませることができるようになります。

しかしながら、実際、自社のマーケティング戦略を立てようとすると、
環境について、競合や市場・顧客についてわからないことがいっぱいある。

よし、リサーチをしよう!と思ったものの、
「予算がない」「時間がかかる」「全部なんてやってられない」

そんな事情が入り混じって、「さて、どうしたものか…」
なんてなったりしませんか?

結局、「思いつき」や「カン」に頼って施策を考えてみたりして
結局うまくいかないなんて悲惨なケースも…汗

講座ではショートケースが準備されていたり、
本でも事例が紹介されていますので、そういうことはないのですが。

では、実践ではどうしたらいいのか?

それは…

それは……

それは………




「仮説」です。


ちなみに「仮説」と「思いこみ」や「カン」は違います。

何が違うのか?

思い込みやカンはそれが事実だと思ってしまっているのに対して
仮説は間違っているかもしれないという認識に立っているので、
後で立ち戻ることができます。

余談でしたた。
実践ではそんな仮説を元に戦略、施策を検討する訳ですが

そんなスキルを学べる講座が

マーケティングメソッド講座です。

実際に存在する企業を元に、その企業の新規事業を考えていきます。
そのプロセスにおいて、仮説を元に簡易な調査なども行いながら
検証をして、新しい事業や施策を考えていきます。

実践力もつきますし、講座自体も参加していて非常におもしろいと思います。

マーケティング部門にいる人にはぜひ、
そして、最近増えてきていますが、
広告関連やWeb関連に携わっている人にも、
・ご自身の提案の幅、
・クライアント理解
を深める講座ですのでぜひお勧めです!