口コミマーケティングといっても、最近では会話によるものに留まらず、電子メールやWebへの書き込みなどその範疇に含まれます。
口コミ情報といえば、カカクコムが運営する「価格.com」の口コミ情報が有名です。
現在、価格比較サイトの利用者は増加し続けており、消費者やメーカーにも大きな影響力を持ってきています。

口コミ情報によって実際の購買行動が影響されたかどうかという設問に対してカカクコムの調査で以下のような結果が出ております。(有効回答数1300 2005年10月実施)

「口コミ情報によって、ユーザーの85.3%が購買行動に影響を受けている」

というように大変な影響力を持っております。

具体的な回答では

複数商品で迷っていたが、口コミ情報により特定商品に絞り込んで購入したことがある 79.5%
口コミ情報により購入予定以外のものものを欲しくなった 63.9%
口コミ情報により購入予定だったものを取りやめたことがある 63.2%
など、口コミサイトでの態度変容が起きています。
カカクコムによると、「価格.com」の閲覧者は月間約680万人で、その3分の2の450万人以上が掲示板に訪れているそうです。
そしてそこには450万件以上の口コミ情報が蓄積されています。

もはや、口コミ情報のインパクトは恐るべしですね。