みなさん、こんにちは!
シナプス・マーケティングカレッジの名和田です。

引き続き、カレッジ講師「松尾順」先生のブログ:「ネット視聴白書2008-09を読む」の続きを転載させて頂きます。

*松尾先生は、このテーマを複数回に渡り投稿していくとのことですので、こちらのブログでも、都度ご紹介していきたいと思います。

*尚、掲載記事につきましては、松尾講師の承諾を頂きそのまま転載させて頂いていおります。

*以下、『マインドリーディング』デイリーブログより。
  http://www.mindreading.jp/blog/index.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「ヤフー」(yahoo.co.jp)は、
現在はポータルサイトとして様々なサービスを
展開していますが、核となるサービスはもちろん「検索サービス」です。

「Yahoo!検索」(search.yahoo.co.jp)は、
2000年4月の月間利用者数500万人から、
2008年3月にはその6倍、3,000万人を突破しています。
(注:あくまで検索サービスの利用者のみ、
   Yahooの各種サービス全体の利用者数ではありません)

ヤフーはそもそも「ディレクトリ検索」、
すなわち、

・エンタテイメント
・趣味とスポーツ
・各種資料と情報源
・芸術と人文

など、テーマ別にサイトを人力で分類するサービスから
事業を開始しました。

しかし、ディレクトリ検索(dir.yahoo.co.jp)の利用者数
は、2002年以降に月間利用者数が1,000万人を超えたあたりから
横ばいになってきていました。

2004年5月には、ヤフーが採用する検索エンジンの技術
(ロボット検索)をそれまでの「Google」から、
自社開発の

「YST(Yahoo! Search Technology)

に切り替え、さらに2005年10月には、
YSTのロボット検索結果をディレクトリ検索結果よりも
優先する表示に変更して以来、ディレクトリ検索の利用者は
大きく落ち込みました。

そして、ヤフーでは、2008年1月、
事業開始以来ずっと維持してきたディレクトリ検索のメニューを
トップページ画面から消すサイトリニューアルに踏み切っています。

このヤフーのサイトリニューアルは、
検索の主流が、デイレクトリ型からロボット型へと
完全に移行したことを象徴するものだったと言えます。

一方のGoogleは、過去8年間安定して伸びてきています。
白書ではカバーされていませんが、月間利用者数は
現時点で2,000万人を超えているのは間違いないでしょう。

まあ、それでもヤフーとは1,000万人もの開きがあるわけですが。

「ヤフー!検索」と「Google」の男女利用者比率を
比べてみると、次の通りとなります。

*Yahoo!検索 男性54.8%、女性45.2%
*Google 男性62.1%、女性37.5%

(Googleの男女それぞれの利用者比率の合計が
 100%になりませんが、原典どおりの表記です)

検索サイトの中で、「Yahoo!検索」は
女性の利用比率が一番高いサイトだそうです。

ヤフーは、ネットユーザーなら男女問わず、
ほぼ全員が認知、利用しているメガブランドですから、
うなずける結果ですね。

Googleは、これまでは純粋な検索サービスのみを
提供してきたこともあり、当初は効率的に目当ての情報が
探せるビジネスユースとして主に男性の支持を高めていきました。

女性の認知度はまだそれほど高いわけでなく、
「Yahooで十分」とあえてGoogleを利用しない女性が
多いものと想定されます。

また、年齢別の利用者比率は、他の検索サイトと比較して、
ヤフーは「35歳以下」の利用者が多く、
Googleは、「35-49歳」の利用が多くなっています。

なお、ヤフー、Googleに続く検索エンジンの3番手は、

「MSN Windows Live Search」

ですが、2004年まではGoogleを利用者数で上回っていたもの
近年は利用者数が増えずぱっとしません。最近の月間利用者数は
700万人前後で横ばいとなっています。

また、4番手以降の検索エンジン(Goo、Biglobe、インフォシーク)
は、300万に満たない月間利用者数。

もはや改めて言うまでもないことですが、
検索エンジンは、

ヤフーとGoogle

の2強でほぼ決着がついていますよね。

『ネット視聴率白書2008-2009』
(衣袋宏美著、翔泳社)