みなさん、こんにちは!
シナプス・マーケティングカレッジの名和田です。

引き続き、カレッジ講師「松尾順」先生のブログ:「ネット視聴白書2008-09を読む」の続きを転載させて頂きます。

*松尾先生は、このテーマを複数回に渡り投稿していくとのことですので、こちらのブログでも、都度ご紹介していきたいと思います。

*尚、掲載記事につきましては、松尾講師の承諾を頂きそのまま転載させて頂いていおります。

*以下、『マインドリーディング』デイリーブログより。
  http://www.mindreading.jp/blog/index.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まず、家庭PCからのアクセス数の多いサイトの変遷を
全Webサイトベースで見てみます。

『ネット視聴率白書2008-2009』には、
2000年4月と2008年3月、それぞれ時期の
ドメイン別ランキングが20位まで示されています。

ここでは、そのうち10位までご紹介します。
(利用者数、リーチ率、1人当たり利用ページ数の
 実際の数値は省略します)


--------------------------------------------------------------------------------

<ドメイン別利用者数ランキング(家庭からのアクセス)>

*2000年4月
 1 yahoo.co.jp
 2 msn.com
 3 biglobe.ne.jp
 4 geocities.co.jp
 5 dti.ne.jp
 6 nifty.com
 7 so-net.ne.jp
 8 infoweb.ne.jp
 9 nifty.ne.jp
 10 microsoft.com

*2008年3月
 1 yahoo.co.jp
 2 rakuten.co.jp
 3 fc2.com
 4 goo.ne.jp
 5 google.co.jp
 6 wikipedia.org
 7 nifty.com
 8 youtube.com
 9 biglobe.ne.jp
 10 amazon.co.jp


--------------------------------------------------------------------------------

ネット創成期から現在まで、
一貫して圧倒的な強さを誇る1位の

「ヤフー」(yahoo.co.jp)

は別格として、
2000年4月時点での上位のほとんどは、

インターネットプロバイダー(ISP)

が占めていますね。

これらは、インターネットにアクセスする際の
初期設定(デフォルト)ページとして閲覧されたこと、
また一方で、各種ECサイトやネットサービスがまだ未成熟
であったことが背景にあると思われます。

なお、4位のgeocities.co.jpは、
個人ホームページ開設サービスの草分け的存在ですし、
また、3位のbiglobe.ne.jpもプロバイダーのポータルへの
アクセスではなく、個人ホームページ開設サービスへのアクセス
が大半を占めていたことがわかっています。

これは、現在のブログ人気の源流とも言える傾向ですね。

さて、直近の2008年3月になると

「楽天市場」(rakuten.co.jp)

が2位に登場。
オンラインショッピングが日常になったことが
うかがえます。

fc2.com、goo.ne.jpの3位、4位はブログ閲覧のおかげで上位に。
個人ホームページのbiglobe、geocitiesの後を継いだ感じです。

googleが5位に顔を出しています。
しかし、リーチ率は37.8%にすぎません。

つまり1カ月の間に、ネットユーザーの3人に
1人しかgoogleにアクセスしていないということです。

一方、不動の1位を占めるヤフーのリーチ率は86.8%と、
ネットユーザーのほぼ全員が1カ月に1回以上ヤフーを
利用しており、まだまだgoogleとは大きな差をつけていること
がわかります。

オンライン百科事典の

「ウィキペディア(wikipedia.org)」

の記事は、サーチエンジンの検索結果画面では、
ほぼ常に上位に表示されますね。

そのためでしょうか、googleに次いで6位です。
リーチ率はgoogleとほぼ同じ。

また、過去数年で急激に利用者が増えた

「youtube」

が8位に登場してます。

このように、8年前と比べて、
現在は多様な特徴を持つWebサイトが上位に
ランクインしていることがわかります。

今後、どのような順位の入れ替わりが起きるのか、
とても楽しみですね。

『ネット視聴率白書2008-2009』
(衣袋宏美著、翔泳社)