アキハバラ君な我が夫が組んだマシンを更にハイスペックにすべく、秋葉原にパーツを買いに行った時の事、ついでに8年使った自宅の電話機を買い換えましょうと早速物色に走ったのですが、驚くべき現実が・・・。

み、み、店がないっっ!!!

「電気街」と呼ばれる秋葉原、なのに家電を売っている店が見つからないのです。(それは見つけ方が悪かったのか・・・??)
オノデンはとっくの昔に閉店したし、唯一の頼みの綱だった石丸も「4店舗同時改装のため」と閉店セール中、しかもセールも後半に差し掛かっていたので売り場はどこも軍隊アリが通ったあとのよう、ぺんぺん草すら生えていないぐらいの勢いです。

他にも店はあったはずだ!と、心当たりをウロウロしたのですが、サトームセンもロケットも悉くシャッターが閉まっている始末。
ソフマップの新しいショップがオープンしていましたが、「家電」と言うより「PCと周辺」と言うイメージがどうしても強い私には非常に違和感があり・・・。
(しかも品数・価格とも今ひとつ・・・。)
アキバにいるのに、どうしてよ?!こんなのありな訳?!・・・と憤りを感じずにはいられませんでした。
結局不本意ながら、ヨドバシへ行き電話機を購入しました。
考えてみるとアキバも変わり果てたものです・・・、ザコンも閉店してしまうし・・・。
まさかあのザコンが・・・。
メーカーの殆ど全てのラインナップが店頭に並んでいたので、ザコンに行けば絶対に欲しいものが手に入るとずっと信じていました、いや「信じる」と言うより実際にそれがなし得たのがザコンでした。
嗚呼・・・、空しい・・・。
街が小奇麗になるのは別によいのですが、あまりにも変わりすぎです。
裏のパーツ屋は変わらないけれど、電話機のひとつも物色できないアキバって、じゃあ一体何を売っている所なの、ここは??
これなら家電を買いにわざわざアキバへ行かずとも、地元の郊外店へ行った方がよっぽとマシじゃん?!とプンプンしている私の隣で、思うようなパーツが買えた我が夫はホクホク顔でチョーごきげんでした・・・。
何だかなあ、秋葉原、何かが違ってしまったよな・・・、黄昏を感じた休日でした。