シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2017上期が発表されました。
上期ヒット商品番付、東の横綱は「稀勢の里」


【日経MJヒット商品番付2017上期】

■東:
横綱:稀勢の里
大関:ヤマト運輸値上げ
関脇:C-HR(トヨタ)
小結:藤井聡太(プロ棋士)
前頭:騎士団長殺し、トランプ米大統領、マクドナルド「グラン」シリーズ、リンクルショット メディカルセラム(ポーラ化粧品)、セブンイレブン値下げ、ミラーレス一眼「OM-D E-M1 Mark供(オリンパス)、けものフレンズ、料理動画、サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン、豪華寝台列車、WBC(野球)、スマートキャンパス(コクヨ)、昼ドラ「やすらぎの郷」、ブルゾンちえみ

■西:
横綱:ニンテンドースイッチ
大関:GINZA SIX
関脇:タクシー初乗り410円
小結:平野美宇(卓球)
前頭:うんこ漢字ドリル、美女と野獣(実写版),ポテチショック、家事代行、でか焼鳥(ローソン)、ヘルシオグリエ、応仁の乱(新書)、DAZN、無加糖甘酒、どこかにマイル、捜査1課ドラマ、キュキュットクリア泡スプレー、白石麻衣写真集「パスポート」、サンシャイン池崎


殊勲賞:サッカーW久保
敢闘賞:浅田真央&宮里藍
技能賞:アキラ100%
流行語賞:忖度
残念賞:レゴランド・ジャパン


東の横綱は、本物の横綱稀勢の里が入りました。相撲人気の昨今ですが、若乃花以降、19年ぶりの日本出身(日本国籍を取得していた武蔵丸を入れると、18年ぶりの日本人)横綱が誕生しました。
ほとんどが単一民族で形成される日本という国で、日本の国技である相撲の頂点が同じ民族である、ということがやはり多くの方の目にはポジティブに映るのだと思います。
一方で、西の横綱はニンテンドースイッチ。これだけスマホがはやりながら、専用ゲーム機で発売開始一か月で274万台(世界)を販売しています。

ヤマト運輸の値上げは、労働人口の低下とネット販売市場の拡大を背景に持ち上がった話で、私の感覚からすれば、「うまく値上げ交渉をまとめたな」というところでしょうか。一方GINZA SIXは、もともと銀座松坂屋(百貨店)の立地に新たに立ち上げた商業施設で、百貨店というフォーマットの限界から、新たな商業施設のフォーマットを作り上げたというものです。ヤマト運輸にしても、GINZA SIXにしてもスタートは上々ではありますが、今後どう展開させていくのか、市場環境の変化にどう追随していくのが真価の見せどころかと思います。

皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2016
日経MJヒット商品番付2016 上半期
日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版