シナプス・マーケティング・カレッジ☆公式ブログ

株式会社シナプスの公式ブログサイトです。 シナプス・マーケティングカレッジ情報を始め、 講師陣のブログなども転載して参ります!

総論賛成各論反対:当事者は各論反対する

総論賛成各論反対、という悩ましい状況は、多くの場合当事者によって起こります。

杉並区の保育園足りない問題で、業界界隈で議論が巻き起こっておりますようですが、この話がまさに総論賛成各論反対の構図ですね。
下記に二つの記事を紹介しますが、いずれも感情を排した客観的な意見でこの手の議論の割にいずれもしっかりとした主張がなされていて、何となく構図が見えてきます。
(割とどちらの主張もまっとうですし共感できます。)

◆記事A:「杉並保育園反対派からメッセージが来たので、反論します」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20160607-00058573/

◆記事B:「杉並区の保育園問題。公園転用への反対は住民のエゴではない。」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sakaiosamu/20160606-00058501/

記事Aの主張は、「来年4月に保育園が無いと、来年四月に職場復帰を予定している人が失職するので、保育園建設の方が優先度が高い」です。
記事Bの主張は、「公園は現在利用している人に価値が高く変えがたいがが、保育園は対案があるので、公園維持の方が優先度が高い」です。

この二つの議論は、「誰にとって」が違うので話が難しくなっている、というものでしょう。

はっきり言えば、杉並区の東原公園周辺住民以外の方にとって(社会的な影響力等の間接的な影響を除けば)、この意思決定は人生に全く影響をうけません。
あくまでも、
記事A:「周辺に住んでいて来年4月復帰予定の親」、と記事B:「現在公園を使っている周辺住民」の戦いなわけです。

この議論だと強いのはBでしょうね。なぜかと言えば、既得権益を奪われると言う明確な利益喪失があるからです。一方でAの親も一見して利益獲得に見えますが、「この公園に保育園が出来たからと言って私が入園できるとは限らない」というリスク含みな利益なわけです。

概して、人は何かを得るよりも何かを失う方に大きな経済価値を感じます。例えば、「新たに何かを購入するために出す金額」と「それを今持っていて売却する金額」では後者の方が高く提示する傾向があると言う事です。

その結果として、反対住民は声を挙げ、賛成住民は声が上がらない、という結果になります。


ほとんどの方が「待機児童を無くすために保育園を作るべきだ」と言えば、Yesと答えるでしょうし、「地域の子供のために公園を残すべきだ」と言えば、Yesと答えるでしょう。
ただ、「私の子供を保育園に入れるために、なんだか良くわからない公園を潰すべきだ」と言えばYesですし、その逆に、「知らない子供を保育園に入れるために、私の大事な公園を潰すべきだ」と言われればNoと答えるはずです。


結局、総論賛成であっても「誰にとって?」というところまで明確にすると各論反対になるケースが往々にしたる、と言う事なのです。

日経MJヒット商品番付2016 上半期

シナプス後藤です。

日経MJが毎年発表しているヒット商品番付の2016上期が発表されました。

【日経MJヒット商品番付2016上期】

■東
横綱:安値ミクス
大関:バスタ新宿
関脇:民泊
小結:北の新幹線
前頭:スター・ウォーズ、新型プリウス、SMAP騒動、LSPX-P1、グッジョバ!!、嫌われる勇気、スカーチョ/スカンツ、写ルンです、AbemaTV、藤田菜七子、47都道府県の一番搾り、BABY METAL、大名古屋ビルジング、トップ スーパーNANOX

■西
横綱:マイナス金利特需
大関:伊勢志摩・広島
関脇:AI(人工知能)
小結:京都鉄道博物館
前頭:若沖展、カップヌードルリッチ、おそ松さん、ドヤ家電、ザ・フライング・ダイナソー、おやすみロジャー 魔法のぐっすり絵本、チープカシオ、翔んで埼玉、焦点、宇良、次世代たばこ、ディーン・フジオカ、VR ZONE Project i can、東京防災

殊勲賞:岡崎慎司
敢闘賞:社外取締役
技能賞:PERFECT HUMAN
流行語賞:ゲス不倫
残念賞:「しくじり」な人々(舛添要一都知事、ショーンK・・・

改めて見直してみると、アベノミクスで景気が良くなりましたが、結果的には徐々に景気のペースが落ち、デフレ経済下と同様、低価格品が求められるようになってきています。両横綱はいずれも景気関連、経済動向が与えるインパクトは大きいと言う事でしょう。一方で、IT関連では、AIやVR、Sonyの新しいプロジェクタ(LSPX-P1)など、相変わらず進化しているのも特徴ですね。
今回、とうとうスマートフォン関連(端末やアプリ)が入らなくなりました。iPhone発売が2007年ですが、10年程経ってようやく「普通」になって来たという事なのかもしれません。

皆さんはどう言う感想を持ちましたか?

日経MJヒット商品番付2015
日経MJヒット商品番付2015 上半期
日経MJヒット商品番付2014
日経MJヒット商品番付2014 上半期
日経MJヒット商品番付2013
日経MJヒット商品番付2013 上半期
日経MJ ヒット商品番付2012
日経MJ ヒット商品番付2012 上半期
2011年ヒット商品番付(日経MJ)
せっかくなので、日経MJヒット商品番付の2010年版

原因分析のやり方:ガルマはなぜ死んだのか?

シナプス後藤です。

原因分析の基本は、「なぜ?」を考えることですが、問い方によって正しい原因にたどりつかないことが往々にしてあります。
ポイントは、「何の原因を知りたいのかを忘れない事」です。

機動戦士ガンダムの名シーンの一つに、ガルマ・ザビが戦死した後、ギレン・ザビが演説するところがあります。
「私の弟、諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ、何故だ!」

さて、ガルマが何故死んだのかを考えてみましょう。

ガルマは何故死んだのか?
 ↓
坊やだから


次の「なぜ」は二つの可能性があります。
1) なぜガルマは坊やだったのか?
2) なぜ坊やだと死ぬのか?
どちらが正解でしょうか?
もし、ガルマの死の再現を誰か別の人(弟であるドズルとか)に起こして欲しくない、とすれば、ガルマのようにならないで欲しいと考えるわけです。従って、1)が正解です。

ガルマは何故死んだのか?
 ↓
坊やだから
 ↓
なぜガルマは坊やだったのか?
 ↓
厳しい戦場に配置されなかったから
 ↓
なぜ厳しい戦場に配置されなかったのか?
 ↓
ジオン軍のアイコンとして汚れていない姿を期待したから
 ↓
なぜアイコンを期待されたのか?
 ↓
容姿、性格とも良かったから
 ↓
なぜ容姿、性格とも良かったのか?
 ↓
母親に似た事、および、末っ子として家族に愛されて育ったから


結局、ザビ家の末っ子として生まれたことが結果的に彼を死に追いやった、と言う事でしょう。言い換えれば、ドズルのようなマッチョな現場叩き上げはこの状況で死ぬことはないわけです。
(但し、彼もこの後戦線が激化しソロモンで戦死します。)

一方、この戦場でどういう人材を送り込むべきなのか(だったのか)、と言う分析をしたいのであれば、2) なぜ坊やだと死ぬのか? が正解ですね。

なお、この質問に対して、「敵の罠にかかるから」なのか「親友だと思っていたシャアに裏切られるから」なのかはこれまた何を分析したいかによって異なってきますね。

https://www.youtube.com/watch?v=JIS5gLNPClk

なぜ、は難しい問いです。原因分析の際に自分が何の原因を探そうとしているのか、を考えてみてください。

民進党のTwitterから顧客視点を考える

シナプス後藤です。
熊本県で直下型地震が発生しました。被災された方にはお見舞い申し上げます。

さて、この件で民進党の公式Twitterがかなりミスした発言をして軽く話題になっています。
「熊本で震度7の大地震が発生している最中、一般人からのリプに喧嘩腰で対応する民進党が大炎上」http://matome.naver.jp/odai/2146065305847422001

ざっくり書くと、ある方が民進党の公式アカウントに対して、「東日本大震災時の自民党のような対応を望みます」と書いたところ、「それじゃあダメ」「自分の党だけの手柄のように後から宣伝するようなことは慎まなければなりません」(後藤要約)と自民党を批判した、というものです。

組織の文化として、組織視点が強いところ、競争視点が強いところ、顧客視点が強いところがあるように感じます。
例えば、概して病院は組織視点が強いです。患者と医師では明らかに患者の命に対して医師の方が専門性が高いため、患者の言う事を聞く必要性が薄いためです。また、コモデティ品を扱う業界で概して、チャレンジャー、フォロワーのポジションにあるところは競争視点の傾向が強いのではないでしょうか。競争の変数が少なく、如何に競合を出しぬくかが重要であるためです。一方で、サービス業やラグジュアリブランドの販売部隊は顧客視点が強いでしょう。

これらは、組織の存在意義の観点から、環境適合してきた歴史とも言えるでしょう。
善し悪しの話ではなく、何が組織にとって重要なのか、という議論で、必ずしも顧客視点になる必要はありません。例えば、スティーブ・ジョブスと言う人は、自分が欲しいものを作って世界中に売りまくった成功例です。ある意味組織視点ですが、それで良いものが出せるのであればビジネスで成功します。孫正義という人はNTTが嫌がることを徹底的にやりまくり今のシェアを作ってきました。これも企業成長の観点からは極めて正しいと言えるでしょう。

そして、今回の件では、民進党は競争視点が強かった、ということかと思います。

日本の多くの野党は、自民党を批判することでその存在感を出してきました。前回、政権交代をしたことでその脆弱さが露呈されてしまいましたが、ある意味で二大政党制、もう一つの選択肢を担う、というミッションを持っていたので、仕方がないと言えましょう。
逆に自民党はどちらかといえば組織中心でした。独裁期間が長いと言う事もありますが、政治家と官僚がこの国を作る、という事を本気で考え、ある意味で短絡的な国民の生活より長期的な国の発展を考えてきたがための論理だったのではないでしょうか。

ところが、今の時代背景を考えると真の意味で国民のニーズを捉え直す必要が出てきています。ひとつの軸では定義できない多様性と人口が衰退していく国家運営の難しさから大多数の幸せを追いにくくなっているからです。
こういう時、組織全体が顧客志向になっていく必要があります。公式の対応は確かに職員が勝手にやったことかもしれませんが、そもそもそういう人が公式を担当している、また、その人に顧客視点を持たせられない組織全体の問題なのです。

もし、議員の一人一人が「申し訳ありません」と自分ごととして謝罪できないのであれば、民進党はまだまだ競争視点の組織であり変わろうとしていないのでしょう。
前述した通り、必ずしも組織文化を変える必要はないと思います。ただ、二大政党制の一翼を担うことを本気で目指すのであれば、顧客視点の組織を目指した方が良いのではないでしょうか?

顧客視点とは、顧客のいいなりという事を意味しません。本質的に顧客が望んでいるニーズを如何に満たすか、を真剣に考えることです。それを国民は望んでいるでしょうし、残念ながら自民党が顧客視点の組織に変わるにはまだまだ時間がかかります。
難しいからこそ組織の競争優位につながることだと思うのです。

目玉焼きには何をかけたら最高に美味いのか?

シナプス後藤です。

目玉焼き論争は少年時代からおっさんになるまで永遠に続くテーマの一つでしょう。
私が過去に見てきた論争の多くは、多数の醤油派 vs やや劣る塩派、そこにソース派やマヨネーズ派、ケチャップ派が入り、更には何もかけない派が入り乱れる大変な騒動です。

二次引用で恐縮ですが、TBS『林先生が驚く初耳学!』で科学的に検証した結果では、
・塩が最も理想的で、僅差で醤油
でした。
なお、測定方法は15〜60歳の味覚サンプルを持つ人工知能が搭載された「味覚センサーレオ」というものを用いておいしさを五味(甘味、塩味、酸味、苦味、旨味)の観点で検証したとのこと。

目玉焼きに何かける?論争に決着をつける科学的研究があったhttp://irorio.jp/natsukirio/20150414/221116/
ところが、アンケートを取ると、それでも醤油が一位になります。

キッコーマン調べ(2001年 n=2,933):
 54%が醤油、2位は塩:16%。
http://www.kikkoman.co.jp/news/01029.html

アイブリッジ(株)提供「リサーチプラス」モニターアンケート(2014年 n=500)
 1位:醤油
 2位:塩
 3位:塩コショウ
http://ranking.goo.ne.jp/column/article/497/

情報ソース不明(n=200):
 1位 醤油 (35%)
 2位 塩とコショウ (18%)
 3位 塩 (9.5%)
http://buzz-plus.com/article/2015/07/22/medamayaki/

ガジェット通信調べ(2010年 n=1000)
1位 醤油  551票 (55%)
2位 塩  290票 (29%)
3位 ソース  160票 (16%)
http://getnews.jp/archives/81422


なぜ醤油が一位になるのでしょうか?
それは、多くの人が小さい時から醤油で食べているからです。

何を美味しいと思うかは、それまでに食べてきたものによって変わります。例えば、日本人は出汁の味が基本的に好きですし、インド人ならカレー、韓国人はキムチです。凄くステレオタイプに書いていますが、平均を取るとそういう味覚になっているはずです。「食文化」というように、食は文化です。同じ人間であっても、どういう食事をするかで成長が変わると言う事です。
日本では、今では米の消費量より小麦の消費量の方が大きいです。元々はGHQの政策だったと言われますが、ここまで進化させてきたのは多くの食品メーカーや外食店の努力でしょう。

では、なぜ上述した味覚センサーは食文化と違う回答を出したのでしょうか?
考えられる理由は二つあります。
1) 味覚以外の要素を無視している
2) 対象サンプルに偏りがあった

1) 味覚以外の要素を無視している
 人は「美味しい」と感じる時には味覚以外にも嗅覚、視覚、触覚等も影響しています。例えば、牛乳が苦手な人も鼻をつまむと問題なく飲める、という話をたまに聞きますが、これも味が匂いから来ている証拠です。
よく海外旅行をすると空港に降り立った時に「その国の匂い」を感じると言いますが、これも文化的な背景があるのでしょう。一方で、日本人が日本に帰ってきても匂いを感じないでしょう。それが自然だからです。(醤油くさいと言われますね。)

2) 対象サンプルに偏りがあった
 こちらは可能性は低いと思っていますが、たまたま塩が好きなサンプルを抽出してしまうと上記の結果になるでしょう。もしそうだとすると、日本人の平均値を統計的に有為に集められれば結果は醤油が一位になるはずです。


結論です。
目玉焼きに何をかけたら最高に美味いのか?

ソースです。
理由は、私はそれが一番好きだからです。


反論したい方はどうぞ。恐らく永遠にすり合わないでしょう。なぜなら、あなたの味覚と私の味覚は違うからです。
livedoor プロフィール
今、オススメの講座
オススメ講座"
シナプスの情報発信
家弓ブログ
シナプス・マーケティング・カレッジ公式twitter"
シナプス代表家弓twitter"
記事検索
Categories
ランキング参加中
QRコード
QRコード
TagCloud